LINEが発表した「インターネットの利用環境に関する調査」の結果によると、日常的なネット利用手段として全体の85%が「スマホ」を利用しており、特に10代に関しては7割が「PC」を用いず、スマホのみでネットを利用していることがわかりました。
 
本調査は2017年4月に、インターネットを利用している全国の15~59歳の男女759名の対象者宅に個別訪問をして行われています。

若年層の多くがスマホのみでネットを利用


 
まず、職場や学校で週1回以上インターネットを利用する15~59歳の男女759人に「インターネットを利用する環境」について聞いたところ、全体の85%が「スマホ」でインターネットを利用しており、「PC」を利用しているのは46%でした。
 
また、インターネット利用手段として「スマホのみ」と回答した人は全体の46%で、「スマホとPCの併用(39%)」、「PCのみ(6%)」を上回る結果となっています。
 
特に、若年層では「ネットを利用する手段がスマホのみ」という傾向が強く、10代の7割はパソコンを利用せず、「スマホのみの利用」ということがわかりました。

スマホはインターネットにアクセスするための端末として需要が高まる


 
また、タブレット・ガラケーを加えた比較においても、全世代でスマホ利用率は圧倒的に高く、10~40代の約9割はメインデバイスとしてスマホを利用しています。
 
PCに関しては、10代の利用率は25%と低いのですが、20代以上は職場でPCを利用する環境があるため、約50%と高くなっているようです。
 
スマホはメールや電話といった連絡手段としてだけでなく、従来のPCに代わる「インターネットにアクセスするための情報端末としての需要」がより高まっています。
 
 
Source:LINE
Photo:photo AC-akizou
(kotobaya)