2017年3月に自伝的映画『…and LOVE』も公開されたトップグラドル・杉原杏璃がDVD引退!

写真拡大

2017年3月に自ら主演する自伝的映画が公開されたトップグラドル・杉原杏璃が、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD「Last Kiss」の発売記念イベントを行なった。

今回のDVDは36枚目にして最後の作品ということでグアムと都内で撮影。「『Last Kiss』とういうタイトルの通り、今回の作品がファイナルになるので、わりとしっとりめの王道なグラビアのDVDになっています。なので、シーツ1枚とか、そういうシーンが多いです」と語った。

なぜ、36枚目のタイミングだったのかを聞かれると「枚数のこだわりは全然なくて、ただ35歳っていうところで節目を切りたいなっていうところがあって、それがたまたま36枚だったっていう。自分の年齢で区切りたかったんですよね。結構、いいお年頃なので、こればっかりやっていると他のことが手につかなくなるので、そろそろ違うこともって思って。遅いぐらいなんですけど…」と神妙な面持ちだった。

そこで実は、しっとりめの王道と言いつつ、今回なんと写真集でもやったことのない全裸になっているという。「動画なので、DVDではたぶんしないだろうなと思ったんですけど、仲のいいスタッフさんたちと10年間作り上げてきたので『まあ、いっかっ!』っていう気分になって、そのへんを見ていただきたいと思います」と笑顔で教えてくれた。

恥ずかしかったシーンは、もちろん、そのシーンだそう。「仲のいいカメラマンさんだけに、親に見られているような感じじゃないけど、親戚の人に見られているような感じで恥ずかしかったです」と百戦錬磨のベテランも顔を赤らめた。



だが、最後のDVDに点数をつけると、70点ぐらいだとか。意外に低いと思いきや、「結構高いほうです。100点にはたぶんならないんだろうなって思いました。まだまだやりたいことはあるし、やりきったとも思っていない。やり足りないことを残しながらのDVDファイナルなので、それぐらいがちょうどいいのかなって思って…満足し切れないパワーを次に生かしたいところもあるので…」と、これからの活動に意欲を見せた。

そんな気になる今後だが、「グラビアを完全にやめるわけではないので、ペースは落ちてしまいますけど、写真集、カレンダーなどを引き続きやりつつ、後輩のグラビアのコたちと一緒にサイトを作ったりとかいろんな企業さんとコラボレーションして。イベントをやったりとかもしているので、みんなでグラビアを盛り上げれるようなお仕事を今後していきたいと思います」と抱負を語った。

さらに、マルチに才覚を発揮している小説のほうでも次回作を考えているようで「今度はグラビアのコたち、7人ぐらいが主役となるようなものをまた書きたいなと思っています」と構想を明かした。

ちなみに、気になる結婚については…「もちろんしたいですよ! したいですけど、それはご縁なので。今、相手はいないから人生設計でしかないんですけど、1、2年のうちにできたらいいなと思っています」と、微笑む杏璃ちゃんだった。

DVDで観られなくなるのは残念ですが、彼女の活動の第二章も見逃せませんね。



★囲み取材動画は本サイトへ!

https://youtu.be/PdRtXXncdkc

(取材・文/週プレNEWS編集部)

■杉原杏璃(すぎはら・あんり)

1982年6月12日生まれ 広島県出身 身長157僉。贈牽后。廝毅供。硲牽亜〃豈娵拭瓧膳拭ー駝=戦国マンガ、株式投資 最新情報は公式ブログにて http://ameblo.jp/sugihara-anri/