古今東西「政治家の大失言」26

写真拡大

時には国民を見下し、時には外国人や異性を差別し、いつの時代にも出てくる政治家の失言・放言。なぜ嫌われるとわかっていながら、他人の感情を逆なでする言葉を発してしまうのか? 『政治家失言・放言大全』の著書がある政治評論家の木下厚さんは「よもや嫌われるとは思っていないんです」と指摘する。

「身内の集会で軽口を叩いたり、ブラックジョークでその場の笑いを取ることが、人気のバロメーターと勘違いしてるから、よかれと思って失言を重ねてしまう。特に政党交付金が出るようになって有権者との接触が減り、小選挙区制が導入されて人気投票的側面が強まってから、無責任な発言をする政治家が増えましたね」

そんな政治家を反面教師にした失言を防ぐコツは、「専門分野以外はあまり気安い口出しをせず、生半可な知識をひけらかさない」と「政界にかかわらずあらゆる社会はジェラシーが渦巻いており、すぐに足をすくわれることを胆に銘じる」だ。ただし、意見を主張する以上、失言を完全になくすことは難しいので、その後のフォローが大事だと木下さんは説く。

「失言を認めないまま釈明を繰り返したり、いったん謝罪した後で『なんで謝らなきゃいけないんだ』と開き直るのは、深みにはまるだけ。失言したら素早く真摯に詫びる。そして謝罪した後はひきずらず、できるだけ早く忘れて切り替える。罪悪感で孤立しないことも大切です」

■「政治家の大失言」26

※肩書は発言当時のもの

――池田勇人通産相●1952

中小企業の5人や10人の破産、
自殺はやむを得ない
子孫を残そうとする利他の要素です。

この発言がもとで就任から1カ月で辞任に追い込まれる。池田は放言癖があり、大蔵相時代の「貧乏人は麦を食え」も有名だ。

――青島幸男参院議員●1971

佐藤(栄作首相)さんは財界のちょうちん持ち、
財界の男メカケだ

予算委員会で質問に立った青島が、政治資金や財界との癒着について首相を追及。のらくらりとした答弁に対して言い放った。

――麻生太郎首相●2008

たらたら飲んで、食べて、何もしない
人のカネを何で私が払うんだ

「医師には社会常識がかなり欠落している人が多い」と発言&陳謝した翌日、医療費について言及。セレブに保険制度は不公平に映る?

――世耕政隆自治相●1982

ヒロポンは学生時代に試験の前によく飲んだ。
気持ちいいし、能率が上がる

なくせ覚醒剤」という対談テーマのテレビ番組で発言。「覚醒剤の危険を強調したいため述べた」と釈明して、なぜか事態は収束。

――中曽根康弘首相●1986

大型間接税はやりません。
私の顔はウソをつく顔ですか

選挙期間中に明言したが、選挙で自民党が圧勝すると5%の売上税を導入するべく画策。翌年の選挙では惨敗し、売上税は廃案に。

――渡辺美智雄政調会長●1988

黒人は破産しても
ケロケロケロ、アッケラカンのカーだ

栃木訛りの「ミッチー節」が親しまれた渡辺だが、さすがに国内外から非難が殺到。米の黒人議員連盟は日本製品不買運動まで検討した。

――宇野宗佑首相●1989

私はなりたくて首相になったんじゃない

内閣発足から数日で女性スキャンダルが勃発した首相が、公邸で発言したと報道される。参院選惨敗も手伝い、69日で内閣は退陣。

――森善朗首相●2000

日本は天皇中心の神の国である

神道系団体懇談会での挨拶に、公明党が反発し、野党も「国民主権の憲法に反する」と非難。半月後の衆院解散へ展開していった。

――仙谷由人官房長官●2010

暴力装置である自衛隊は……

東大在学中、全共闘の闘士だった経験が影響したのか、参院予算委員会で思わず漏らした言葉。すぐに「ある種の軍事組織」と言い換える。

――石原慎太郎元運輸相●1993

宮澤首相はあんな毛唐と嬉しそうに
抱きついて握手するのか

ロシアの外相を「毛唐」と表現し、石原は後日「いい言葉ですよ。日本人と髪の毛の色が違う外国人という意味だから」とアッケラカン。

――柳澤伯夫厚労相●2007

女性は子どもを産む機械だ

野党は辞任を求めるも大臣を継続。その後の「若い人たちは子どもを2人以上持ちたいという健全な状況にある」発言もつつかれた。

――細川護煕首相●1994

国民福祉税の数字は正確にはじいたものではない。
腰だめの数字だ

深夜に開かれた記者会見で、7%の新税を発表。「腰だめとは何だ」と国民の猛反発を食らい、佐川急便問題も重なって早々と退陣する。

――吉田茂首相●1953

無礼なこと言うな。
無礼者ッ!バカヤロー

社会党議員に「欧米政治家の見解を聞いてるのではない。日本国首相として答弁されたい」と言われてヒートアップ。

――加藤紘一官房長官●1992

長野県でエイズ患者が増えているのは
オリンピック絡みである

この時代はエイズに対する差別発言が目立った。これは長野県の五輪開催が6年後にもかかわらず、記者会見で飛び出した謎の発言。

――田中眞紀子元科学技術庁長官●2001

小渕の恵三さんはコロッと死んじゃった。
あれを「お陀仏さん」という

自民党総裁選の小泉候補の応援演説にて、前年亡くなった元首相を揶揄。党執行部から批判されるも、動じずに応援演説を続けた。

――森善朗首相●2000

投票に行かないで寝ててくれればいい

選挙期間中に発言。このほかにも「大阪はたんツボ」「チョコレートはゴルフをするときの努力目標」など、失言には事欠かない。

――小泉純一郎首相●2001

私の内閣の方針に反対する勢力は
すべて抵抗勢力だ

国会で「抵抗勢力は誰のことか」の質問を受けて暴論を展開。2カ月後には「小泉が、自民党をぶっつぶす」発言も飛び出した。

――石原慎太郎東京都知事●2000

不法入国の三国人などの
騒擾(そうじょう)事件には
治安出動してもらう

後日、「差別はない」「東京の犯罪は凶悪化しており、全部が三国人、不法入国して居座ってる外国人じゃないか」と懲りずに強調。

――柳田稔法相●2010

法相はいいですね。
2つ覚えておけばいいんですから

法相就任パーティーで、「答弁を差し控えます」「法と証拠に基づいて適切にやっております」だけ使えば国会答弁を乗り切れると豪語。

――安倍晋三首相●2013

私を右翼の軍国主義者と呼びたいなら、どうぞ

アメリカ滞在中、保守系シンクタンクでの演説に会場がどよめく。野党時代には、菅政権を「史上まれに見る陰湿な左翼政権」とも。

――鳩山由紀夫首相●2010

国民が鳩山政権に対して聞く耳を持たなくなった

辞任表明を締めたのは、責任転嫁するかのような言葉。鳩山は「私は愚かな総理かもしれません」「トラスト・ミー」などの迷走発言も多い。

――麻生太郎副総理●2013

ワイマール憲法がナチス憲法に変わった。
あの手口を学んだらどうか

憲法改正問題に関してコメント。報道した朝日新聞を発言を歪曲したと麻生は批判するも、結局、発言を撤回した。

――佐藤栄作首相●1972

偏向的な新聞は大嫌いだ、帰ってくれ!

首相退陣表明後の記者会見にて。発言に怒った記者団は退場。誰もいない会見室で、佐藤はテレビカメラに向かって喋り続けた。

――松本龍 震災復興担当相●2011

知恵を出したところは助けるけど、
出さないやつらは助けない

東日本大震災で被災した県知事に上から目線の発言。「九州の人間ですけん、語気が荒かった」の言い訳は通用せず、就任9日目で辞任。

――鳩山邦夫法相●2007

私の友人の友人がアルカイダだ

アルカイダによるバリ島爆破テロについてコメント。「チョウ研究会の友人から聞いた話で、真偽は確認してない」とウヤムヤにした。

(鈴木 工=構成)