中国北京市で24日、当局にねずみ講と認定された組織「善心匯」のメンバーは大規模な抗議活動を行った。(ネット写真)

写真拡大

 中国北京市で24日、当局にねずみ講と認定された組織「善心匯」のメンバーは代表らの釈放を求めて、最高人民検察院(最高検)など政府機関前で、大規模な抗議活動を行った。

 深セン市に本部を置く「善心匯」は慈善組織と自称しているが、実態がねずみ講で巨額の資金をだまし取ったとして、中国公安部は今月、摘発した。21日、代表の張天明氏と複数の幹部は拘束された。善心匯は貧困の救済として慈善活動用の資金を集めていると宣伝しており、中国国内では約600万人のメンバーがいるとされる。

 「善心匯」の会員は摘発が不当だとして、21日から各地の会員が北京に続々と到着した。「善心匯」側は24日、約6万人が参加したと主張している。

 会員らは連日、最高検や党中央紀律検査委員会(中紀委)など重要政府機関前で横断幕を揚げて抗議を行った。大半は24日警察当局に連行された。

 米紙・ニューヨークタイム(24日付)は、同抗議活動の規模と時期は「普通とは違う」と指摘した。メンバーらは天安門広場から数キロしかはなれていない、北京大紅国際会議展示センターに集まった。今秋、共産党第19回全国代表大会(19大)を控え、当局は神経をとがらせている。

 ニューヨークタイムズは「意図的に当局を困らせているように見える」と報じた。

(翻訳編集・張哲)