画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の平愛梨(32)が25日、自身のブログを更新。現在発売中の雑誌『GINGER』9月号(7月22日発売、幻冬舎)の撮影時の心境を明かし、当日撮影したブーケを手にした笑顔の写真も公開した。

「雑誌『ジンジャー』発売中」と題したブログで、「久々の取材。カメラレンズの前に立ちなんだか恥ずかしかった。レンズを『本を手にしてくれた人が見てる』と思って微笑んでみた」と告白。取材日が、6月24日に行った夫でサッカー日本代表DFの長友佑都選手との結婚披露宴の2日前だったそうで、「ブーケを持たせて頂きいよいよだ!と気が引き締まる思いでした。(撮影終わりブーケ頂いた)」と振り返った。

また、「これまでのテレビや雑誌などでは恋愛観は触れないように…という風に言われてきたので結婚してありのままに話せるとなると話慣れてなくてつい赤裸々になってしまう(恥ずかしい)」と結婚前後の変化を明かし、「ライターさんが心から耳を傾けて下さったので私も心から思うことをありのままにお話しさせて頂きました」とつづった。

そして、「3年後、5年後、7年後、10年後…きっと読んだ方がいい!!と思える私にとっての初心に戻れる本に仕上げて下さいました」と納得の様子で、「この場をかりてお礼したいです ありがとうございます」と感謝。「また!手に取って下さった方!!ありがとうございます」と雑誌を見たファンへにも感謝の思いを伝えた。

ブログでは、ブーケを手にした写真と撮影中の様子を写した写真を公開。ファンから「笑顔が素敵」「可愛くて素敵なお写真」「ありのままの愛梨さん大好き」「幸せオーラが内側から出ていてとっても素敵」「可愛すぎる 結婚されて、益々透明度が増している気が」などとコメントが寄せられいている。