パリSGへの移籍が報じられているネイマール

写真拡大

 レアル・マドリーに所属するブラジル代表MFカゼミーロが、同胞の移籍騒動について触れた。母国の『グローボエスポルテ』に語った内容をスペイン『アス』が伝えている。

 バルセロナに所属し、ブラジル代表のエースでもあるFWネイマールを巡る報道が過熱している。パリSGへの移籍が迫っていると報じられ、クラブ側は違約金の2億2200万ユーロ(約288億円)を支払う準備をしているともいわれている状況だ。FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレスらチームメイトもバルセロナ残留に向けて説得を続けている。

 ブラジル代表でチームメイトのカゼミーロは、「どうするかを決めるのはネイマールだからね。彼も自分がどうするべきかはわかっているはずさ。どうしてレアル・マドリーに来ないんだろうね?彼が来るなら大歓迎なんだけど」と冗談をまじえながら、ネイマールの決断を尊重することを強調した。

「いずれにせよ、彼にとってベストの結果になることを願うよ。彼はすばらしい選手だ。彼のことは本当に尊敬している。自分をわかっているし、準備も欠かさない。彼のお父さんもいい人だ。彼も自分のやるべきことを心得ている。もし、バルセロナを離れるのなら彼に幸運があることを祈る。もし残るのだとしても…やっぱり幸運を祈るよ」


●欧州移籍情報2017-18

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集