画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●レーザー療法とボツリヌス毒素注入療法を知る

「プチ整形」という言葉に代表されるように、一昔前に比べて美容医療はかなり身近な存在になった。それだけにその現状や問題点は気になるところでもある。本稿では北里大学形成外科名誉教授・塩谷信幸医師の解説をもとに、美容医療施術の概要やメリット・デメリットを紹介する。

○レーザー療法

美容医療が身近に感じられるようになった理由の一つに、レーザー療法の進歩が挙げられるのでないだろうか。シミやあざ、毛穴、脱毛、たるみと、さまざまな悩みを解消できるレーザー療法は、ここ数年で最も進歩した技術といっても過言ではない。おかげでメスに頼らなくてもよくなった。

特に進歩が目覚ましいのが、シミの治療。女性の場合は肝斑が混じっていることが多く、へたに触ろうものなら症状が悪化すると言われてきた。だが、今では肝斑にも使えるレーザー機器が開発されている。

ただ、「あらゆる悩みに対応できる」といっても、一つのレーザー機器ですべてを解決できるわけではない。レーザー機器は日々新しい機種が開発されているが、一方でそれは扱う医師の知識と技術力も伴っていなければならないことを意味する。レーザー療法を考えるなら、レーザー療法に詳しく、技術力に長けた医師を選ぶことが大切となる。

■メリット

・ダウンタイムが少ない

・シミ、毛穴、脱毛、たるみとさまざまな悩みを解消できる

■デメリット

・施術後・炎症後に色素沈着を起こす可能性がある

・アフターケアまでしっかり行うクリニック選びが必須

○ボツリヌス毒素注入療法

ボツリヌス毒素注入療法は日本ではそれほど盛んではないが、アメリカでは専門の医師がいるくらいポピュラーな施術。濃度を低くしたボツリヌス毒素を筋肉に注入し、部分的に筋肉の動きを弱めて表情筋によるシワを軽減させるという手法だ。額に走る横ジワや、眉間の縦ジワ、目尻のシワ、ほうれい線など、表情筋を動かすことによってできるシワに効果がある。

「能面のようになる」「笑顔が不自然になる」というイメージから敬遠されがちだが、今ではカウンセリングが徹底され、医師の技術力も進歩して、きめ細かいケアができるようになった。能面のようになることは、ほとんどないといえる。

■メリット

・表情筋でできるシワに効果大

・わき汗や手汗などの多汗症を軽減できる

・物を噛むための筋肉(咬筋)に注入すると小顔効果が見込める

■デメリット

・表情とは関係なく深く刻まれたシワには効果なし

・頻繁に施術を行うと元に戻りづらくなる

・3〜6カ月で元に戻る

●たるみやバストをなんとかしたい!

○たるみ治療

本気でたるみを解消するには、フェイスリフト施術が最も効果的とされている。ただし、メスを入れれば「傷跡が残る」「出血する」「元には戻せない」といったリスクを負うことになる。そのため、たるみが気になり始めたばかりという人や、そこまでリスクを負いたくないというに人は、光治療で肌を引きしめるタイトニングをおすすめする。

ただし、タイトニングによる効果はたるみの予防には効果的だが、その効果が持続する期間は限られるというデメリットがある。

■メリット

・シワやたるみへの効果が高い

・フェイスリフト施術は1回で済み、効果の持続時間が長い

・光治療によるタイトニングは、たるみ予防に効果的

■デメリット

・光治療では効果を維持しにくい

・メスを入れる場合は、出血や傷跡が残りやすくリスクが大きい

○隆鼻術

最も普及しているのはシリコンだ。安全性の高い素材がもちろん使われるが、体にとって異物であることに変わりはない。そのため最近では、耳の軟骨を取り、それを注入する施術がポピュラーになってきている。軟骨は耳の裏から取るため傷跡が人目につきにくく、異物反応も起こりにくいのが大きな魅力と言える。

■メリット

・理想的な鼻の形を維持できる

・手術跡が目立たない

■デメリット

・シリコンを使う場合には異物反応が起こる可能性あり

・2〜3年に1度、メンテナンスが必要

・術後の変化がわかりやすい

○豊胸手術

豊胸手術には、シリコンバッグを使うのが一般的。シリコンは生体反応のない安定した材料であり、見た目も触れた感触も自然に近いのが魅力だ。だが生体反応がないとはいえ、異物である以上、シリコンの周りに薄い線維性の皮膜が形成されるといった防御反応がまれに起こる。

この膜が薄ければさほど心配はいらないが、数mmの厚さになってしまうと、痛みが伴ったり、触れるとゴツゴツとして乳房のシルエットにも影響したりするため、その場合はバッグを取り出すしかないという。

■メリット

・シリコンバッグを使えば、自然な形と手触りでボリュームアップが可能

・シリコンバッグは生体反応が少ない

・女性らしいプロポーションを維持できる

■デメリット

・まれに体の防御反応によりシリコンの周りに皮膜が形成され、痛みが起こったり、形が崩れたりすることもある

●日本人に人気の二重手術の実態

○コラーゲン・ヒアルロン酸注入療法

注入療法は、シワの除去に効果を発揮する施術法となる。数年前まではコラーゲンを使う施術が一般的であったが、必ずしもすべてが吸収されないことや、アレルギーリスクへの懸念から、最近ではヒアルロン酸注入が主流になっている。

ヒアルロン酸は元来皮膚の中にある成分であるため、安全性が高い点が特徴。繰り返し注入しても副作用がないうえ、ハリやツヤが出るというメリットも。ただし、注射で注入するため、技術力の高い医師を選ぶことが重要。技術力が伴わないと、肌の表面がデコボコになるなど、後遺症に見舞われるケースもあるので、慎重にクリニックを選ぶように。

■メリット

・ヒアルロン酸注入は安全性が高い

・シワの改善だけでなく、ハリやツヤもアップする

■デメリット

・注射で注入するため多少の痛みが伴う

・施術する医師の技術力により仕上がりが大きく左右される

・紫外線を浴びると赤くなりやすいため、日焼け対策の徹底が必要

・3〜6カ月で元に戻る

○二重手術

プチ整形の代表といえるほどポピュラーな二重手術。まぶたが腫れぼったい日本人に人気の高い施術の一つとなっている。

美容医療はメスを入れるほどリスクが大きくなるため、まずはまぶたの皮膚を縫い付けて二重をつくる「縫合法」を施す。それで物足りなければ二重の予定線に切開を加え、縫い付ける「切開法」を施すという2段階の手順を踏むことが主流とされている。

最初から切開法をしてしまうと、仕上がりが気に入らなくても元に戻せない。美容医療は「間違えるならやり足りないほうに間違えろ、迷ったら控えめに」が鉄則であることを肝に銘じておく必要がある。

■メリット

・目もとがぱっちりとして顔の印象がはっきりする

■デメリット

・術後の変化がわかりやすい

・切開法の場合、元に戻せない

・切開法の場合、二重の幅を広くとりすぎると修正しにくい

施術をする際は、医師と相談のうえで自身のコンプレックス解消に最も適した方法を選ぶとよいだろう。

からだエイジング