画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは2017年中の発売を予定する新型クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を公開した。新世代商品群に共通するデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した3列シートのSUVは、多人数乗車を必須条件とする顧客層に新たな選択肢を提示する。

○ミニバンに代わる選択肢、デザインでも主張

CX-8はマツダが国内向け新世代商品として初めて3列シートを採用するSUV。公開された画像を見る限り、CX-8は「CX-5」や「CX-3」といったマツダのSUVと共通するスタイリングを持つようだ。マツダはデザインについて、「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに据え、「時を経てもお客さまの感性を刺激し続ける先進性を目指した」という。

CX-8の判明している情報をまとめておくと、サイズは全長4900mm、全幅1840mm、全高1730mm。前輪と後輪の間(ホイールベース)は2930mmだ。エンジンはマツダの新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載。乗車定員は6〜7人となる。価格は300万円台前半からの想定となっている。

マツダの小飼社長は以前、CX-8で「ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦する」と話していた(詳しくはこちら)。家族構成などから多人数乗車は必須条件だが、ミニバン以外の選択肢を探しているというユーザーにとって、CX-8は魅力的な提案となりそうだ。マツダは「プレマシー」および「ビアンテ」というミニバンの生産を終了し、CX-8に車種を絞って多人数乗車ニーズに攻勢を掛ける。