画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ニコンは7月25日、ニコンFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「D850」の開発を進めていることを明らかにした。2014年7月に発売された「D810」の後継機種となる。発売時期や価格は未定としている。

ニコンFXフォーマットの撮像素子 (CMOSセンサー)は、35mmフルサイズに相当する35.9×24mmの大きさを持つ。今回、開発発表した「D850」は、プロ・ハイアマチュア向けの上級機。現行モデルの「D810」の長所を推し進め、「高精細な描写と高速連続撮影の両立」を実現するという。