ドイツ年間最優秀選手賞で2位に輝いたMFトニ・クロース【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリー所属のドイツ代表MFトニ・クロースの代理人であるフォルカー・シュトルート氏が、ドイツ年間最優秀選手賞の結果に不満を爆発させたようだ。スペイン紙『アス』が伝えた。

 ドイツ・スポーツジャーナリスト協会メンバーの投票により選出されたこの賞では、242票を獲得したフィリップ・ラームが1位、192票を獲得したトニ・クロースが2位にランクインしていた。

 シュトルート氏は今回のこの投票が感情的な要素を含んだ投票であったとして批判している。

 「感情的な基準が受賞者を決めるようではだめだ。確かにラームはけた違いの選手だ。でも年間最優秀選手賞は公正なものでなければならない。間違いなく、今年もっとも輝いたのはトニ・クロースだ」

 ラームは現役最後となった昨季、シーズン通算38試合に出場し2ゴール4アシストを記録。国内カップは準決勝、チャンピオンズリーグは準々決勝で敗退したものの、5年連続の国内リーグ優勝に貢献した。一方トニ・クロースは、シーズン通算48試合に出場し4ゴール17アシストを記録。国内リーグ、チャンピオンズリーグの優勝など4つのタイトル獲得に大きな貢献を果たした。

text by 編集部