スーパー歌舞伎2「ワンピース」製作発表に出席した市川猿之助

写真拡大

 歌舞伎俳優の市川猿之助(41)が25日、都内で主演するスーパー歌舞伎2「ワンピース」(10月6日〜11月25日、東京・新橋演舞場)の製作発表を行った。

 人気漫画「ONE PIECE」が原作。2015年10月の初演ではゆず・北川悠仁(40)の書き下ろしの楽曲「TETOTE」が主題歌として劇中に流れた。主人公ルフィを演じる猿之助は、今回のプランについて聞かれると「この作品が元々行き詰ったときに、北川さんに相談してそこからこの作品をやろうって決めて、主題歌を提供してくれた」と振り返り、「今回の舞台の発想は全部彼らのステージからヒントをもらっている」と告白。「今年の5月にゆずの20周年ライブを見てしまったので、そういう刺激を受けると新たなことをやってみたくなる。そこで使われた演出を取り入れてみたい」と明かし、「最新の技術を使ったもの、映像を使った演出にしたい」と意気込んだ。

 また、若手の育成として尾上右近(25)がルフィを演じ、自身はシャンクス役にまわる特別マチネ「麦わらの挑戦」も行われる。「右近くんは僕と比べられると思うけど、何かをつかんでくれればいい。若手のお手並み拝見」と語っていた。会見には脚本・演出を手がける横内謙介氏も出席した。