U-KISS スヒョン「I′ll be there」はケビンを思って作った曲…僕にとって本当に大きな存在だった

写真拡大 (全6枚)

U-KISSのリーダー、スヒョンが待望の日本2ndソロシングル「I'll be there」を7月19日リリース! 前作「君だけを」ではしっとりバラードで聴かせたが、本作では清涼感あふれる楽曲がズラリ揃っている。そして今回のシングルにはU-KISSメンバーの末っ子、ジュンも参加。約2年ぶりのソロにジュンの存在が「とても力になった」というスヒョン。今回のインタビューでは「I'll be there」への思いだけでなく、U-KISSを支えるリーダーとして今年4月に卒業したケビンについても語ってもらった。

【プレゼント】U-KISS スヒョン直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート
【PHOTO】U-KISS スヒョン「休みの間はずっと家に引きこもってました(笑)」

――ソロ第2弾「I'll be there」リリースおめでとうございます!

スヒョン:ありがとうございます!

――まずは今作のコンセプトを教えてください。

スヒョン:今回のソロシングル「I'll be there」は、僕のセルフプロデュースになっています。曲の方向性やシングル全体の内容を僕が考えて、それを音楽のエンジニアチームに伝えました。誰にでも必ずと言っていいほど大切な存在っていますよね。その人を思いながら聴いて欲しいです。より心に沁みる曲になると思います。ちなみに、僕はケビンの事を思いながらこの曲を作りました。1曲1曲も大事なんですが、全体的に一枚でひとつの作品となるように、そしてそう感じてもらえるように作りました。

――U-KISSの楽曲にあるようでない3曲だなと思いました。歌う時、特に気をつけた点はありましたか?

スヒョン:楽曲の雰囲気をちゃんと伝えたくて、爽やかな曲、アップテンポな曲、それぞれちゃんと伝わるように歌い方に気を付けました。初のソロ曲「君だけを」の時は、U-KISSとして初のソロデビューだったので「僕がU-KISS代表として頑張らないと!」という気持ちが強かったんです。でも今回は、僕自身の気持ちを強く出しました。皆さんを元気にしてあげる曲作りがしたいなと思って。シングルは収録曲が少ないけれど、いろいろなジャンルを見せる方法を模索した結果、「I'll be there」「STORY」「WILD&TOUGH」の3曲になりました。

「やっぱり女性を前にすると……」

――「I'll be there」のミュージックビデオでは恋人役の女優さんと共演されてましたね。たくさん演技されていますが、うまくできましたか?

スヒョン:僕は……やっぱり演技は苦手です。女優さんとの演技は緊張して撮影に時間がかかりました。

――ミュージカルで女優さんと共演されてるじゃないですか。

スヒョン:ミュージカルは僕じゃなくて役があるから、僕として女優さんに接しているわけじゃないしセリフもあるから大丈夫なんです。でもミュージックビデオは僕自身だから……本当に難しい。

――監督からどんな演出をされたんでしょうか?

スヒョン:女の子を抱き寄せるシーンで恥ずかしさのあまり腰が引けちゃって……監督が「もっと密着して!」と言ってるのになかなかできなくて。NGを23回くらい出しました(笑)

――コンサートで「僕は夜の担当」と言っているスヒョンさんとは別人みたいです(笑)

スヒョン:冗談で言うのは大丈夫なんですよ!(笑) 行動に移すとなるとなかなか……。まあ、えと、あの、きっと好みじゃなかったんですよ(笑) ということにしておいてください!

――わかりました(笑) そして2曲目「STORY」と3曲目「WILD&TOUGH」では末っ子のジュンさんが楽曲に参加されました。

スヒョン:本当に助かりました。ジュンは今U-KISSのメンバーとしてすごく頑張って活動しています。だから、ジュンの魅力をもっと出したいとずっと思ってたんです。彼はダンスとラップの実力は、ファンの皆さんもすでに知っていると思うんですけど、ハーモニーもすごくキレイで上手だから、今回はそれを見せるシングルにできたらいいなという願いがあって、それが叶いました。

――ジュンさんには歌唱指導などはされたんですか?

スヒョン:僕が先にレコーディングして、その音源をジュンに聴かせました。僕はジュンより少しだけ人生の先輩だから(笑) 表現方法が未熟な部分を教えてあげました。だからジュンのレコーディングも僕が立ち会って、お互いに気持ちが通じ合って歌えたからすごく良い仕上がりになっていると思います。

――「WILD&TOUGH」はジュンさんの得意な部分が出ていたと思います。

スヒョン:はい、ジュンのラップは僕も信じてるから、心配しませんでした。本当はこの曲は、ラップだけの参加予定だったんです。でも彼の男らしい姿や声を見せたくて! ラップ以外にも参加してもらいました。

――スヒョンさん、久しぶりの日本だからか日本語が少しだけ、たどたどしいですね(笑)

スヒョン:なんか……日本語だけじゃなくて韓国語もうまく話せない(笑) 僕、韓国でお休みしている間はあんまり人と会ってなくて、家で引きこもってたんですよ(笑) 人と話すことをほとんどしなくて。それと、ここ最近はライブに向けて日本語の歌詞を覚えることに必死で日常会話がおろそかになってます、ごめんなさい! はあ、一人って不安で大変です。フンが日本語上手だからいつもそばにいてほしい……。

――そんなお休み中に、自宅で夢中になっていたことなどはありましたか?

スヒョン:アニメ「スラムダンク」の日本語バージョンを観ていました。子どもの頃に観ていたアニメで、懐かしくて夢中になって観ています。でも日本に来てからは、ライブのことで頭がいっぱいだから、宿舎に帰ってもジュンと練習ばかりしています。それとジュンが特別な曲を準備していて、すごく楽しそうに練習しています。

「今作でジュンの魅力を出せたのは大きな収穫」

――U-KISSのリーダーとして、ジュンさんがデビューしてから3年の成長をどんなふうに見て、感じていますか?

スヒョン:彼の成長はとても早いです。日本語も、舞台度胸も全部。U-KISSに合流することが決まって初めて彼に会った時は、正直不安だったんです。U-KISSはデビューしてから数年経っているし、そういうグループにこんなに若くて未熟な子が入ってもやっていけるだろうか……って。でも、それはとりこし苦労でした。今となっては自分のやりたいことを楽しんでやっているし、U-KISSメンバーの一員として担うべき役割をきちんと果たしていると思います。年下だけど、尊敬できる人です。

――たとえばどんなところを尊敬していますか?

スヒョン:ステージに上がった時の集中力がすごいです。デビュー当初はさすがに不安な面が見え隠れしてましたけど、最近はステージ上でのたたずまいとか、曲のコンセプトをしっかり把握して立っているなーって思います。ジュンはマインドコントロールがとても上手なんです。

――それでも、いまだにジュンさんに注意していることって、あったりするんでしょうか。

スヒョン:ありますよー。ステージはもう問題ないけど、スタッフさんに対する礼儀はちょこちょこ注意しています。まだ若いから空気が読めないので「空気を読めよ」って言います(笑)

「いつかまたケビンと同じステージに立てる日を信じてる」

――スヒョンさんのソロデビュー後、続けてケビンさんやフンさんがソロデビューしました。そんな弟たちをどんな気持ちで見守っていましたか?

スヒョン:ケビンとフンは歌もダンスも上手だから、それぞれオリジナルのソロ曲で彼らのカッコイイ姿を見せることができて良かったなと思います。リーダーとして、彼らの実力をアピールできたのは嬉しいです。

――「I'll be there」は、ケビンさんのことを思って作った楽曲だと言っていましたが、今年4月にケビンさんがU-KISSを卒業したことについて、改めてどう感じていますか?

スヒョン:うーん……。一緒に活動ができないのはとても辛いけど、ケビンの卒業コンサートでフンが「U-KISSとケビンとキスミーがそれぞれ歩んだ道の先で、絶対にまた出会える」と話していたんですが、僕も本当にそう思っていて、それを楽しみに過ごしているという感じです。そして、ケビンに「I'll be there」をたくさん聴いてほしいと思います。

――先日、一緒に遊んでいる写真をU-KISSの皆さんとケビンさんがSNSにアップしていましたね。

スヒョン:はい、メンバーとケビンと遊びに行きました。夜はお酒を飲みながら楽しい話や真剣な話をして過ごしました。この時に「I'll be there」をケビンにも聴かせてあげたんです。そして僕が酔っ払いながら「この歌詞はお前(ケビン) のことを考えながら作ったんだよ〜」って打ち明けたら、ケビンは少し泣いてました。ケビンはこの日、なぜか誰よりもテンションが高くて(笑) 僕らと一緒にいられるのが嬉しかったみたいです。

――ケビンさんが“U-KISSにはもういないんだな”と実感するのはどんな時ですか?

スヒョン:今、韓国でカムバックの準備をしてるんですけど、その曲のパート分けを僕がしていて、無意識に「ここはケビンが歌って(と歌詞の横に書き込むジェスチャー) ……あ、ケビンはいないんだった」ということが何度かあります。ケビンの存在は本当に大きかったですね。でも、これから5人で頑張って行きます!

「僕の曲で皆さんが幸せになりますように」

――頼もしい一言ですね。そしてスヒョンさんはソロコンサートが控えていますね。今はどんな気持ちですか?

スヒョン:もちろん緊張はしていますが、生バンドでのステージを早くファンの皆さんに見せたいです。待ち遠しい! ファンの皆さんは期待していいですよ! でも実際は……とにかく歌詞を覚えるのがすっっっっごく大変で!(笑) U-KISSとキスミー(ファンの呼称) の思い出が詰まった曲も準備しているので、ぜひ楽しみにしてください。

――最後にKstyle読者にメッセージをお願いします!

スヒョン:いつもU-KISSと僕を気にしてくれてありがとうございます。スヒョンの2ndソロシングル「I'll be there」皆さんたくさん聴いてくださいね、そしてこの曲で皆さんが幸せになりますように。僕も、もっと頑張ります! そしてケビンの応援も引き続きよろしくお願いします!

撮影:厚地健太郎

■リリース情報
SOOHYUN(from U-KISS) 日本2ndソロシングル「I'll be there」
2017年7月19日 リリース

<CD+DVD>スマプラ対応
品番:AVCD-83897/B
価格:¥1,944(税込)

【CD収録】
1.I'll be there
2.STORY feat.JUN
3.WILD&TOUGH feat.JUN
4.I'll be there(Instrumental)
5.STORY(Instrumental)
6.WILD&TOUGH(Instrumental)

【DVD収録内容】
1.「I'll be there」(Music Video)
2.「I'll be there」(Music Video Making Movie)

<CDのみ>スマプラ対応
品番:AVCD-83898
価格:¥1,080(税込)

1.I'll be there
2.STORY feat.JUN
3.WILD&TOUGH feat.JUN
4.I'll be there(Instrumental)
5.STORY(Instrumental)
6.WILD&TOUGH(Instrumental)

<イベント・mu-mo盤>スマプラ対応
※ピクチャーレーベル仕様
品番:AVC1-83899
価格:¥1,080(税込)

【CD収録】
1.I'll be there
2.STORY feat.JUN
3.WILD&TOUGH feat.JUN
4.I'll be there(Instrumental)
5.STORY(Instrumental)
6.WILD&TOUGH(Instrumental)

■イベント情報
「SOOHYUN(from U-KISS) FIRST SOLO LIVE 2017 with JUN」

開催日:2017年7月23日(日) 堂島リバーフォーラム(大阪)
開場/開演:14:00/15:00 18:00/19:00

開催日:2017年7月25日(火) 豊洲PIT(東京)
開場/開演:14:00/15:00 18:00/19:00

販売時間:開場時間より販売
販売場所:当日券売り場
金額:¥9,100 ※ハイタッチ付

■関連サイト
U-KISS オフィシャルサイト:http://u-kiss.jp/