TWICE、日本デビューベストアルバム「#TWICE」の売上が20万枚を突破!アツい人気を証明

写真拡大

TWICEがオリコン集計基準の売上で20万枚を突破した。

TWICEが先月28日に発売した日本デビューベストアルバム「#TWICE」は、23日付のオリコンデイリーアルバムチャートで、2,352枚の売上で5位になった。そして、オリコン集計基準計20万18枚の売上を記録し、日本デビューアルバムで20万枚を突破する勢いを見せた。

TWICEの日本デビューベストアルバム「#TWICE」は、先月28日の発売後、ほぼ1ヶ月間オリコンデイリーアルバムチャートのトップ5をキープしながらロングランしており、さらに意義深い。このチャートのトップ10のうち、6月に発売されたアルバムはTWICEのものしかなく、日本でTWICEの人気がどんなに高いかを予測させる。

このアルバムは出荷量でも25万枚を突破した。

TWICEのアルバムは、発売と共に4日連続でオリコンデイリーアルバムチャート2位を記録したが、東京体育館でデビューショーケースを開いた2日からは1位になり、三日連続で該当チャートのトップをキープする底力を発揮した。5日に公開されたオリコンウィークリーアルバムチャートでも2位を記録し、特に2016年から2017年7月現在まで、日本で発売されたK-POPアーティストのアルバムのうち、発売初週の最多売上記録の樹立で、より話題を集めた。

オリコン6月のマンスリーアルバムチャートでも13万594枚の売上を記録し、日本を代表する事務所ジャニーズの人気グループ、関ジャニ∞に続き2位を記録した。特に6月の後半である28日に発売されて、不利な条件だったにも関わらず、マンスリーチャートでこのような良い成績を収めながら、日本で止まらないTWICEの人気を証明した。

日本の主要マスコミも、日本国内でのTWICEの人気に連日注目している。最近フジテレビのワイドショー「めざましテレビ」では、TWICEを「日本の女子中学生の間で流行っているものランキング」の1位に選定し、視線を集めた。