第一子誕生を報告したスポーツキャスターの宮下純一氏

写真拡大

 スポーツキャスターで2008年北京五輪の競泳銅メダリストの宮下純一(33)に24日、第1子となる女児が誕生した。25日、所属事務所を通じて発表した。

 文書で「都内の病院にて第1子となる女の子が誕生いたしました。体重は3098グラムで母子ともに健康です」と報告。公式ブログでは出産に立ち会ったことも明かし「産まれた瞬間、自然とあふれ出した涙。生命の誕生を間近で感じることができました!普通、手を握るところですが、足の指の長さに驚き、強いバタ足が、打てそうです」とスイマーならではの視線でパパになった喜びをつづった。

 宮下は16年11月に一般女性と結婚した。

 ▼宮下純一 1983年10月17日の33歳。鹿児島県生まれ。甲南高から筑波大に進学。08年北京五輪では競泳男子100メートル背泳ぎ決勝で8位入賞。同400メートルメドレーリレーでは日本チームの第1泳者として銅メダル獲得に貢献した。