明石家さんま(写真:読売新聞/アフロ)

写真拡大

24日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまが、飛行機でエコノミークラスを利用していた理由を語った。

番組では「実際どうなん!? 子だくさん家族」と題して、子だくさんの親が、子育てエピソードをトークした。その中で、7人の子どもを育てる堀ちえみが「金銭感覚を養う鉄の掟」を語る。

堀は家族旅行の際、乗り物の座席を大人と子どもで差をつけているという。飛行機なら、大人はビジネスやファーストクラスで、子どもはエコノミー。新幹線なら、大人はグリーン車で、子どもは普通車にしているとか。そうすることで、子どもには頑張って良い席に乗ろうと思わせる教育方針だと説明した。

さんまは飛行機の座席について「あれは悩んだな、俺もな」「俺は一緒にエコノミー派やってん」「そこらへんは色々やわ」と自身の体験を踏まえ、家庭ごとにやり方があると指摘した。すると、雨上がり決死隊・宮迫博之が「エコノミーに、さんまさん乗ってはったんですか?」「周りのお客さん迷惑なさったでしょう? ずっと喋って」と指摘し、笑いを誘っていた。

【関連記事】
明石家さんま ネット絶賛のIMALUへの教育法を事実と認める
明石家さんまのIMALUへの教育法に出演陣が絶賛 「普通」の育て方だった
明石家さんまが一度だけ娘のIMALUを叱った理由 芸能人を呼び捨てにした