DREAMCATCHER、タイトル曲「Fly high」MV予告映像を公開…少女と“悪夢”の狭間

写真拡大

カムバックを目前にしたDREAMCATCHERの新曲「Fly high」のミュージックビデオの一部がベールを脱いだ。

所属事務所HappyFaceエンターテインメントは25日、DREAMCATCHERの公式ホームページとSNSチャンネルに1stミニアルバム「Prequel」のタイトル曲「Fly high」のMV予告映像を公開した。

公開された映像の中でDREAMCATCHERは、少女と“悪夢”の間で相反した魅力を見せる。清純で美しいイメージと、“悪夢”になった後のミステリアスなカリスマ性を漂わせるメンバーたちの姿はファンの期待を一層引き上げた。

27日に発売されるDREAMCATCHERの1stミニアルバム「Prequel」はその名の通り、これまで公開されたシングル「Chase Me」と「Good Night」以前のストーリーを取り上げたアルバムだ。つまり“少女たちは何故悪夢になったのか”というこれまでの疑問に対する答えを収めた解説書となる訳だ。

DREAMCATCHERはこのアルバムを発売する以前から、プロモーションに心血を注いできた。これまでのシングルで試みた相反するコンセプトを続けながらも、「Prequel」に込められたファンタジーストーリーをそれぞれの予告イメージに盛り込んだ。

特に予告イメージの場合、少女から悪夢になったコンセプトに合わせ、既存のコンテンツを公開していた真夜中と、暗闇となる日没時間を公開時間に設定し、好奇心を刺激した。また、コンセプトとタイトル曲を推測させるミステリーコードで、ファンから熱い反応を引き出した。

DREAMCATCHERの新たなファンタジーストーリーを描いた1stミニアルバム「Prequel」は、今月27日午後6時に発売される。