BLACKPINK「最後のように」MVの再生回数が8000万回を突破!…“止まらない勢い”

写真拡大

BLACKPINKがYouTubeの視聴回数において最短記録を再度更新した。

BLACKPINKの新曲「最後のように」のミュージックビデオは、24日午後7時50分にYouTube視聴回数8000万回を突破した。公開から32日と1時間(769時間) で立てた記録だ。7000万回を突破して1週間も経過せずに遂げた成果で、K-POPグループ最短期間の記録だ。

YouTubeの絶対強者PSYの「DADDY」とも2日しか違わない。これでBLACKPINKは、1000万回から8000万回までK-POPグループ歴代最短期間記録をすべて塗り替えた。

以前の記録と圧倒的な差を広げた点は特に注目に値する。視聴回数1000万回突破時点を4時間、2000万回突破時点を20時間繰り上げた。また3000万回は、従来の記録より45時間、4000万回は46時間、5000万回は123時間、6000万回は197時間上回った。7000万回突破時点では346時間短縮した。8000万回は18日を早めた記録だ。

「最後のように」が発売されてから1ヶ月が過ぎた。時間が経つにつれ曲に対する関心が薄くなるはずだが、「最後のように」の視聴回数の上昇は安定している。最短1億回突破も期待される。

BLACKPINKは「最後のように」でグローバルルーキーになった。発売と同時に、シングルにおいてはK-POPガールズグループ初のiTunesチャート18ヶ国で1位、中国最大音楽サイトQQミュージック総合新曲チャート1位を占めた。

日本では武道館1万4000席全席を完売させショーケースを開催し、これに日本5大有線TV、6大新聞が先を争って取材競争を繰り広げ、BLACKPINKに向けた熱い関心を見せた。

ファンの声援に後押しされ、所属事務所YGはBLACKPINKの韓国活動期間を増やすことに決めた。「最後のように」のサマーリミックスバージョンで音楽番組のステージに上がる予定だ。その後、8月30日には日本で正式デビューアルバムを発表する。