セーフィーは24日、クラウド録画用カメラの新機種「Safie対応CC-2」を発売した。このカメラは同社が提供するクラウド録画サービス「Safie(セーフィー)」に対応しており、複雑な配線なども不要で簡単に使用できるうえ、高品質な映像を確認できる。

【こちらも】NEC、店舗内カメラから来店者の行動を可視化・分析のサービス

 Safieは、同社が提供するクラウド上の映像プラットフォームで、設置したカメラの映像を確認できる。対応するカメラは設置が簡単で初期費用が低く、システムはオンラインバンク並みのセキュリティを備えている。プラットフォームから操作するアプリまで同社で開発していることから、システム全体がスムーズに連携していて使いやすいという特徴がある。

 Safieの映像データはクラウド上にあるため、複数の場所から同時に映像を確認して指示を行うことができる。設置工事が不要なので使用する場所を選ばず、カメラを簡単に移動できる。現在は監視カメラや業務管理システム、ライブ配信システム、飲食店や小売店など幅広い場所で活用されている。

 「CC-2」はこのSafieに対応した高機能カメラで、セーフィーがエルモ社と共同開発した。SONYの超高感度CMOSセンサーを搭載しており、暗闇でもはっきりとした映像を撮影できる(ナイトビジョン)。撮影した映像は無線wi-fiもしくは有線LANで送信するが、無線wi-fiは2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応しており安定して接続できる。

 CC-2の価格は、カメラ本体が19,800円(無線wi-fiのみ対応、価格はいずれも税別)と、24,800円(無線wi-fiおよび有線LAN対応)になる。その他、録画可能日数に応じたSafieの利用料が必要だ。CC-2はSafieのオンラインストアで購入できる。

 またCC-2の発売にあたり、プレゼントキャンペーンを実施中。Safieの使用感インタビューやアンケートに協力できるユーザーに限り、カメラ本体約100台分、および7日間のクラウド録画保存が3カ月間利用できるプランをセットでプレゼントしている。

 CC-2を活用することで、社内にカメラを低コストで簡単に設置できる。その結果、実際のオペレーションを見て効果的な人材管理や勤怠管理を行ったり、よりきめ細かく防犯・監視体制をつくることが可能としている。また実際に現地に行く必要がないため、本社から全国の店舗を管理することができ、本社スタッフの移動コストを低減する効果も期待できるという。