マーティン・ギャリックス、【Tomorrowland】にてYTRAM名義でハウス・セットを披露

写真拡大

 デュア・リパやトロイ・シヴァンなどのポップスターたちと立て続けにヒット曲を放っているマーティン・ギャリックスだが、アンダーグラウンド・シーンへの興味は今でも失っていないようだ。

 世界最大級のEDMフェス【Tomorrowland】で行われた自身のレーベル<STMPD>のショーケースにて、マーティンはYTRAMという別名義で、ディープ・ハウス、テックハウスのセットを披露した。

 マーティンという名の愛称でもある“Marty”を反対から綴った、この新たなプロジェクトについてファンが気づくのは難しくなかったようで、最初は顔が分からないようにマスクを被りセットをスタートしたマーティンだが、その後マスクをはずし、観客に正体を明かした。


◎ファンによる投稿
https://twitter.com/MartinGarrixHub/status/888834620917022720