GoProやドローンで撮影したデータは簡単バックアップ&シェア!

写真拡大 (全6枚)

GoProやドローンでの撮影を楽しむ人が増えていますね。みなさん、撮影後のデータの取扱いはどうしていますか? データ消失のリスクもあるので、できれば早めに、こまめにバックアップを取りたいですよね。そこで重宝するのが、リンクスインターナショナルから発売された、iOS専用DJIドローン、GoProシリーズに最適化された外部ストレージ「PhotoFast4K iReader S」です。

「PhotoFast4K iReader S」はLightningコネクタ、microSDカードリーダー、USB 3.0ポートを搭載しており、iOSデバイスからMicro SDカードへのデータバックアップが行えるストレージです。

加えて、最新のiOSデバイスとWindowsやLinux、Androidシステム間でOSとハードの壁を越えてデータ交換ができます。複雑な設定を必要とせず、簡単に素早くデータ転送ができるというのも嬉しいですね。

そのうえ、DJIドローンとGoProシリーズとも共同開発しているため、撮影したデータを移動&保存するのがラクというわけです。

ドローン本体にもSDカードを装備しています。しかし、できれば撮影後すぐにバックアップしたい。そして、そのままシェアしたい。そんなときに「PhotoFast4K iReader S」が役立ちます。

専用アプリケーションの多機能バックアップソリューション<ONE>は、iOSデバイスのカメラロールに保存された写真や動画、住所録、カレンダーはもちろん、アカウント連携したFacebook、Instagram、Tumblrに投稿した画像のバックアップ、Dropbox、Google Drive、iCloud Drive、OneDrive等のクラウドサービスに保存したデータのバックアップが行えます。


デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラの各種RAWデータにも対応しているという優れもの。本体サイズは、48x19x9mm という持ち運びに便利なサイズ。
キーリングホルダーを備えているのでキーチェーンなどに取り付けて簡単に持ち運べます。価格は8980円。

>> リンクスインターナショナル「PhotoFast4K iReader S」

 

(文/&GP編集部)