これぞダイレクトプレーのお手本!R・マドリー、「パス回し」が美しかった

写真拡大

アメリカのカリフォルニア州、サンタクララで行われたマンチェスター・ユナイテッド対レアル・マドリー戦。

試合は1-1で終了し、PK戦の末ユナイテッドが勝利した。

マドリーにとってはこのゲームが今季最初の練習試合になったのだが、主力選手を欠きながらも美しいパス回しを見せた(00:20から)。

0-0で迎えた18分、高く浮かんだボールをトーニ・クロースが優しいタッチで落とすと、そこからダイレクトプレーが炸裂!

カリム・ベンゼマ、マルセロ、ギャレス・ベイルが息の合ったコンビネーションで丁寧にボールを繋ぎ、ユナイテッド選手たちを翻弄するも、最終的にはカバーに回ったティモシー・フォス=メンサーにボールを奪われた。

セルヒオ・ラモスやクリスティアーノ・ロナウド、といった主力を欠きながらも、早くも仕上がりの良さを感じさせたマドリー。このプレーにはスタジアムに押し寄せたアメリカのファンも興奮している様子だった。