UEFAとMacronが歴史的ユニフォーム契約!小国の代表ユニが「個性的」に

写真拡大

イタリアのスポーツブランド『Macron』は、UEFAとの契約を発表した。

「Top Executive Programme Kit Assistance Scheme」のUEFAオフィシャルパートナーになったのだ。「UEFA Kit Assistance Scheme」とは以下のようなもの。

UEFA Kit Assistance Scheme

「UEFAに加盟する各連盟・協会のなかで最少15か国は、フル代表、U-21代表、レフェリーのウェア類を無償で提供される。

これにより、各国は30万ユーロ(3888.7万円)を節約できる」

欧州の小国を手助けするためのこの取り組みは2007年から始まったものだ。

今回の契約で『Macron』は2018〜2020年、2020〜2022年の2つ期間においてキット類を提供することになった。

最初の期間で提供を受けるのは8か国、アンドラ、アルメニア、ベラルーシ、キプロス、フェロー諸島、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、サンマリノ。

『Macron』は各代表のスタッフ陣と協力し、オーダーメイドのユニフォームを提供するとしている。

これまでこれらの代表国にユニフォームを提供してきたのは、adidasだった。『Macron』はテンプレユニではなくオーダーメイドで作るとしており、より個性的な仕上がりになりそうだ。