image: 上海問屋


コンパクトなキーボードですけど。

上海問屋から発売されている「英語49キー ポケットサイズメカニカルキーボード」。英語配列、メカニカル、ポケットサイズ。コンパクトなキーボードが好きな人にとっては、かなりそそられるキーワードが散りばめられていますね。

このキーボード、かなりキーを減らしています。特に記号類の入力もFnキーとShiftキーなどのコンビネーションになっています。慣れるまであたふたしそう。でもコンパクトだし、メカニカルだし。


170723E49key-03.jpg
image: 上海問屋


フルサイズのキーボードと比べると、かなりコンパクト。ズボンの後ろポケットにだって入りますよ。


170723E49key-02.jpg
image: 上海問屋


その上、キーが光ります。光り物大好きな人にとっては、たまりませんね。


170723E49key-04.jpg
image: 上海問屋


しかもですよ。キースイッチを(中華)青軸と赤軸から選べます。青軸に比べ赤軸のほうが荷重が軽く、クリック感も少なめ(クリック音も静かめ)。打鍵感が欲しい場合は青軸、軽やかにタイピングしたい場合は赤軸を選ぶといいでしょう。

お値段はそれぞれ4,999円(税込)。さあ、青軸赤軸、どちらを選ぶ?


Image: 上海問屋
Source: 上海問屋

(三浦一紀)