画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●激戦区のSPで視聴率も大健闘

今最も勢いのあるバラエティ番組と言えば、破天荒ディレクター・"ナスD"が活躍するテレビ朝日系『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(毎週火曜23:15〜)だろう。

ナスDは、生魚を頭から丸ごと食べたり、ハチに顔面を5カ所も刺されても飄々と笑っていたりするなど、視聴者に強烈なインパクトを与えて話題を集めているが、番組の"満足度"はどのような傾向にあるのか。データニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」で膨大なデータと日々向き合う研究員が分析した。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要

・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)

・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動

・サンプル年齢構成:「20〜34歳」「35〜49歳」「50〜79歳」各年代男女各400サンプル

・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査

・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準

この番組は、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二をMCに据え、世界のさまざまな文化やミステリー、絶景、グルメなどを紹介するドキュメントバラエティ。その1コーナーである、世界の部族に密着潜入していく「部族アース」の担当ディレクターがナスDだ。

ナスDの正体は、テレビ朝日の友寄隆英氏。この愛称は、部族の取材中、美容に効くと聞いて、一生落ちないという染料を自ら全身に塗ってしまい、肌が"ナス色"になってしまったことに由来する。

こうしたワイルド過ぎるエピソードのほかにも、生魚を釣り上げた瞬間にまるかじりしたり、民芸品の"ピラニアキーホルダー"(干したピラニアをキーホルダーにしたもの)をバリバリ食べたりと、取材先の部族にも引かれるほどムチャクチャな言動が注目を集める。まさに"テレビサイズに収まらない"を、芸人でもないディレクター本人が体現しており、そんな姿が飽和状態のバラエティに新風を巻き起こしていると言える。

そんな中、今月2日には、日曜日のゴールデンタイムという激戦区の時間帯でスペシャルを放送。裏のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や「都議選特番」、そして今最も視聴率が高く、同系統の世界系バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などの強豪がひしめく中、視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。『イッテQ』は18.2%だったが、いきなり2ケタ近くをマークするのは大健闘だ。

そして、「テレビウォッチャー」の満足度は4.06と高満足度の基準3.7を大きく超え、なんと『イッテQ』の3.84を上回る結果となったのだ。『イッテQ』も高満足度の基準を上回っており、高いレベルでの争いが繰り広げられていることが分かる。

●視聴者の満足度を高めるナスD

今回のスペシャルについて、アンケート回答者の自由記述をひも解くと、高満足度の理由に、ナスDの活躍が次々にあげられた。「ナスDが最高に面白い」(42歳男性)、「ナスDで何度も爆笑」(22歳男性)、「面白い番組みっけ。ナスD最高」(41歳男性)と、番組に寄せられたポジティブな回答のほとんどにナスDへの言及がある。

また、放送がスタートした4月以降のこれまでのレギュラー回を含めた15回(4月11日〜7月11日放送分)を振り返ると、ナスDが登場した計11回の平均満足度は3.89なのに対し、残りのナスDが登場しない計4回の平均は3.44と極端に低い。登場しない回の自由記述では「ナスDが出ていなくてがっかりした」(44歳女性)、「ナスがみたかった」(46歳男性)といった声も多く、どれだけ視聴者がナスDを求めている(=視聴者満足度を高めている)かが分かる。

それゆえに、さらなる人気を獲得するには課題もある。先に述べたように、ナスDが登場する「部族アース」以外にも視聴者が満足できるような人気コーナーを作ることはもちろんだが、視聴者の感想をみると、2日のスペシャルに向けて盛り上げを図ったレギュラー放送に対しては、不満の声も多く見られた。

「気絶SPと銘打っておいて前回と同様中途半端な所で終わってしまい、面白い番組だけにこういった作りどうなのか」(29歳男性)、「面白いのに煽るだけ煽って次週に持ち越した内容があって詐欺に思えた」(34歳女性)など、スペシャル前の煽(あお)り演出が視聴者の不満を募らせ、番組好感度を下げてしまったようだ。

いずれの回答も番組内容には満足しているだけに、それ以外の演出に不満が出ているのはもったいない。急上昇している番組だからこそ、新規視聴者のために復習できる回や、視聴者をより引きつける演出も必要だろう。だが、人気番組になるには新規視聴者と同じだけ、それまでのファン視聴者も満足させるものにしなければならない。そのバランスが最も大事と言っていい。

この番組は、破天荒なディレクターが活躍するというバラエティでもあるが、「アマゾンの実態を見て私たちの知らない世界を見た。幸せとは何だろうと考えさせられた」(46歳女性)と言った声もあるなど、知られざる部族について、その生態や闇までうかがい知れる"教養"も得られるという、これまでになかった画期的な番組。視聴者が求める"唯一無二の素材"を出し惜しみすることなく、今のうちに多くのファン視聴者を獲得できれば、国民的ヒット番組になる日も近い。