(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

写真拡大

 2018年全国公開の映画『不能犯』。これまで、主演を松坂桃李、ヒロインを沢尻エリカが演じることが伝えられていたが、このほど追加キャストが発表された。

 今回追加されたキャストは、新田真剣佑、矢田亜希子をはじめとした面々。新田は、同作で、正義感溢れる生真面目な刑事なのに、沢尻エリカ扮する上司になかなか名前で呼んでもらえない新人を、矢田は過去のある出来事が原因で、主人公・宇相吹に飲み込まれていく女性刑事を演じる。

 ストーリーは、都会のど真ん中で、変死事件が次々と起きるところから始まる。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の「電話ボックスの男」だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故。そう、宇相吹の犯行は、すべて「不能犯」だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る。多田(沢尻エリカ)や百々瀬(新田真剣佑)ら刑事たちの捜査が進み、ようやく宇相吹の身柄を確保して任意で取り調べを始めるが、宇相吹は夜目(矢田亜希子)らベテラン捜査官たちさえも手玉に取る。そんな中、多田だけが唯一、宇相吹にコントロールされないことが判明する。

 このほか、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、安田顕、小林稔侍といった俳優陣の出演も決定。映画『不能犯』は2018年全国ロードショー。