新米ママのうちは、まだまだ要領も悪く(それがたとえ小さなことだとしても)何かと壁にぶつかることも多いです。経験がないのだから、すぐ余裕がなくなってしまったりすることだって“ごく当たり前のこと”なわけで……。それでもママ業に休みはありません。休みがないどころか、ドシンドシンと責任がのしかかり続けるのですから……そりゃあ精神的にも肉体的にもいっぱいいっぱいになってしまいますよね。
しかし、パパの的確なサポートがあるかないかで、新米ママの負担は嘘みたいに軽くなるものなのです! そこで今回は、新米ママがパパにサポートしてもらいたいことをリサーチしてみました。

パパにサポートしてもらいたいこととは?

(1)お風呂に入れてほしい!

「赤ちゃんをお風呂に入れるのって、けっこう体力が必要なんです。私ひとりで入れるのはとても大変なので、男手がほしいな〜と毎回思っています」(アイリスト/30歳/女性)

▽ たしかに、お風呂は重労働ですよね! くたくたとしている赤ちゃんを支えるだけでも一苦労。やはり、できればここは力のある男の人にお任せしたいですね!

(2)休日に遊びに連れ出してほしい!

「平日は毎日、子どもの世話をしています。子どもは待った無しなので、家事をしていても仕事中でもかまわず泣きます。自分の子ですから、もちろんカワイイですが、たまにはひとりになれる時間もほしいです」(設計/32歳/女性)

▽ 男の人はよく「大変なの? じゃあ、一緒にやろうか!」などと言いますが、新米ママが本当に望んでいることは“一緒にやること”ではないのですよね。普段子育てのサポートしかしていないこともあり、その不安から「一緒に……(ママがいてくれれば、いざというときも安心だし!)」と言いたくなるパパの気持ちもわからなくはないのですが、どうか新米ママにひとりの時間を作ってあげてください!

(3)寝かしつけてほしい!

「寝かしつけって、意外にとても大変なんですよ。それなのに『寝かしつけるだけなのにどんだけ時間かかってるの?』とか言われるとカチンときます! 毎日の寝かしつけはパパに任せたい!」(営業/28歳/女性)

▽ 寝かしつけるのはかなり大変だというのは、女性なら誰でも知っていることです。でも、男の人にはその手の知識がない人も多いよう。寝かしつけがどれだけ大変かということを徹底的に説明してから寝かしつけをお願いするのも良いですが、新米ママを責めるような言い方をするパパには、何も言わないままバトンタッチをしてしまってもいいのかも!

「うちのパパ、子育てに参加してくれるのはありがたいんだけど……サポートするところがちょっとズレているんだよな〜」なんて感じたときには、今後のサポート内容が変わることを期待して、このコラムの内容をさりげなく伝えてみてはいかがでしょうか。