出典:Shutterstock.com

合コンで欠かせないのが自己紹介。「何を話せばいいか分からない」「苦手…」と思っている人は多いでしょう。もし、相手の印象に残る素敵な自己紹介があれば、使ってみたいと思っている人はいるはず。今回は、合コン必勝間違いなしの、自己紹介テクニックをまとめてみました。

ニックネームをアピールする



出典:Shutterstock.com

普通の自己紹介は、さらっと名前を名乗るだけですが、それでは、あまり印象に残りません。
初対面の人に名前を覚えてもらうことは、大事なこと。

自己紹介後、その人の呼び方にも大きく影響してくるので、思い切ってニックネームやあだ名をアピールしてみてはどうでしょう? 「私の名前は〇〇です。〇〇と呼んでください」という方が、印象に残りやすいはず。

どうしても、自分でよいニックネームを思いつかない場合は、その場でみんなに考えてもらうものいいかも。盛り上がるうえに、みんなの印象に残ること間違いなしです。

好きなタイプをアピールする



出典:Shutterstock.com

合コン相手の中に気になる人がいたら、その人の特徴に当てはまるようなことをアピールしてみてもいいかも。

例えば、気になる人の背が高かったら、「背が高い人が好きです」や、スポーツをしている彼が気になるなら「スポーツマンが好きです」など、相手の特徴を言ってみましょう。

しかし、あからさまにその人の特徴をすべて言ってしまうと、相手にひかれてしまう可能性も。「それって俺のこと!?」くらいに思わせておくぐらいがポイント。好きなタイプをアピールするときに、気になる人をチラっと見ながら話しをするのもおすすめです。

気になる人との共通点をアピールする



出典:Shutterstock.com

初対面の人でも、自分と共通点が多いとそれだけで盛り上がることができ、相手の印象が良くなることがあります。合コン相手の中に気になる人がいたら、その人との共通点を探って、自分の自己紹介でアピールしましょう。

例えば、彼が「お酒が大好きです」と話していたら、「私もお酒が大好きなので、いろんなお店を紹介してほしいです」など。自己紹介でアピールできれば、ツーショットタイムのトークで話すネタに困ることなく楽しめます。

合コンの自己紹介は、男性からスタートすることが多いですが、もし気になる相手より前に自己紹介をしなくてはいけなくなったら「緊張するから、私は最後がいいな」とかわいくお願いしてみるのもいいかも。

ただ楽しむだけの合コンならいいのですが、意中の相手がいる合コンなら自己紹介も気合が入ります。合コン必勝テクニックを使って、その人と仲良くなれるように頑張りましょう!