読売テレビ・日本テレビ系『脳にスマホが埋められた!』第5話に出演する佐藤寛太(中央) (C)読売テレビ

写真拡大

 劇団EXILEの佐藤寛太が8月3日放送の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜 後11:59)第5話にゲスト出演することがわかった。伊藤淳史演じる脳がスマホのようになってしまった主人公の折茂圭太、林家ペーに続く、第3の“脳内スマホ人間”安達というキーパーソンを演じる。

【別カット】佐藤寛太の出演シーン

 同ドラマは人気放送作家の鈴木おさむ氏が企画を担当する一話完結のSFヒューマンドラマ。視界にはスマホと同じ画面が現れ、さらに他人のメッセージまで見ることができる“スマホ人間”となった圭太がトラブルに巻き込まれながらも人助けに奔走していく。第5話では“脳内スマホ”を使いたくないという折茂とケンカした石野柳子(新川優愛)の前に、安達という別のスマホ人間が現れ、黒部社長(岸谷五朗)への復讐を手伝ってくれると言い出す。
 
 今回、一風変わった設定の役柄に挑む佐藤だが「若手のスマホ人間という事で他のキャラクターとは違った価値観でその能力を使っている、行動力のある若者です。見どころは、あるものを使ったアクションシーンです!」と紹介。短い撮影期間ながら現場にはすっかり溶け込んだようで、「出演者の皆様はじめ、スタッフの方々も空き時間にコミュニケーションをとってくれて初日からとてもやりやすい空間でお芝居させていただきました」とすっかり満喫した様子。

 内容にちなみ、「もし、脳にスマホが埋められたら?」という質問には「人のスマホみえると、見なくていいものを見えるので、基本、一日中電源はオフにしておきますが、たまにオンにしてチラッと友達の画面をのぞいてみたいです」と本音を明かしていた。