ネイマールにレアル入りの可能性? 同胞MF「皆に歓迎されるはず」

写真拡大

 パリ・サンジェルマンへ移籍する可能性を連日のように報じられているバルセロナのブラジル代表FWネイマール。移籍報道が白熱する中、バルセロナのライバルクラブであるレアル・マドリードの同代表MFカゼミーロがネイマールについてコメントした。ブラジルメディア『グローボ・エスポルチ』でのコメントを、24日付けのスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 カゼミーロは、メディアを賑わせ続けている同胞のネイマールについて聞かれると、「何をすべきかを判断するのはネイマール次第だ」と前置きしつつも、「彼がレアル・マドリードでプレーしないとなぜ言えるんだ?彼がやってくるなら、皆に歓迎されるはずだ」とコメント。同選手がレアル・マドリードに加入する可能性もあり得るとの認識を明かした。

 またカゼミーロは「もしネイマールがバルサを出るなら、その時は幸運を祈るよ。もしこのままバルサに残留したとしても、それは同じだ」と発言。「僕たちは(ブラジル代表で)彼のプレーを常に頼りにしているし、僕たちブラジル代表にとって欠かせない存在なんだ」と続け、ブラジル代表の一員としてネイマールの幸運を祈っていると強調した。

 レアル・マドリードからも猛アプローチを受けた末に、2013年にバルセロナ加入を選択したネイマール。以後もレアル・マドリードへ“禁断の移籍”をする可能性をたびたび報じられてきたことは事実だ。カゼミーロの言葉通り、レアル・マドリードのユニフォームに袖を通す時がやってくることはあるのだろうか。

(記事/Footmedia)