米共和党マケイン上院議員、オバマケア改廃法案の採決に参加へ

写真拡大

[ワシントン 24日 ロイター] - 米共和党の重鎮で、脳腫瘍と診断されアリゾナ州の自宅で療養中のジョン・マケイン上院議員は、首都ワシントンの議会上院で25日行われる医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の採決に参加する見通し。同議員の事務所が24日発表した。

事務所は声明で「マケイン上院議員はあす上院に戻り、医療保険改革、国防授権法案、対ロシア・イラン・北朝鮮追加制裁などの重要法案に引き続き関わることを待ち望んでいる」とした。