キヤノンは、同社のデジタルシネマカメラCINEMA EOS SYSTEMシリーズの「EOS C200」「EOS C200B」の発売日が2017年7月31日に決まったことを発表した。以前発売日を2017年7月下旬と発表していたもの。希望小売価格はともにオープン。市場想定価格はC200(本体のみ)が税別83万円前後、レンズキット(EF24-105 IS II USM付属)のC200LKが税別94万円前後、C200Bは税別67万円前後。

EOS C200シリーズは、最大4096x2160の4K記録に対応した単板式スーパー35mmサイズ8.85メガCMOSセンサーを採用。4K(4096×2160)、UHD(3840×2160)、2K(2048×1080)、HD(1920×1080)の解像度に対応。フラッフシップモデルに採用されている4Kセンサーから得られる情報を非加算アルゴリズムで2K/HD記録する「Over Sampling HD Processing」を搭載。ISOは常用160〜25600、感度拡張時100〜125、32000〜102400。レンズマウントのマウント形式はEFマウントで、キヤノンEFレンズ群やEFシネマレンズ群に対応する。

C200シリーズは、デュアルDIGIC DV 6により本体内蔵のカードスロットに2種類の4Kファイルフォーマットを記録可能。1つがMP4で4K UHD(3840×2160)/60Pの映像をSDカードにデータを収録でき、もう1つが映像の情報量を維持しながらデータサイズを軽くした新ビデオフォーマット「Cinema RAW Light」の対応により、4K DCI(4096×2160)/60Pの映像をCFastカードへ記録可能。ファイル容量がCinema RAWに比べ約1/3〜1/5と軽く、低コストで効率的に映像制作が可能だとしている。