大森靖子の新曲MVが公開!

シンガーソングライターの大森靖子が8月30日にニューシングル『draw (A) drow』をリリースする。同シングルにはアイドルグループ欅坂46の楽曲『サイレントマジョリティー』のカバーも収録されているとして、発売前から早くも話題を呼んでいる。そんななか、同シングルの表題曲『draw (A) drow』のMVが本日7月25日に公開された。

大森靖子『draw (A) drow』『draw (A) drow』[CD only] ジャケット

<耳マンのそのほかの記事>

大森靖子『draw (A) drow』[CD+DVD] ジャケット

激闘シーン(!?)から衝撃のラストまで目が離せない……

同MVでは大森と俳優の千葉雄大が初共演を果たした。「どれだけ愛しても、どれだけ憎んでも、人はすれ違ってしまう」をテーマに、それぞれの視点から“愛憎”と“すれ違い”を表現した2パターンを制作。ふたりが本気で向かい合う姿や激闘(!?)シーン、そして衝撃のラストまで一瞬たりとも目が離せない作品に仕上がっている。また、演奏シーンではドラムをピエール中野(凛として時雨)、ベースを藤本ひかり(赤い公園)、ギターを、同シングルに収録されている『わたしみ』の編曲を担当した鈴木大記が担当。豪華な面々のクールな演奏シーンも見どころのひとつだ。

『大森靖子Ver.』がGYAO!にて、『千葉雄大Ver.』がYouTubeにてアップされており、両方のMVを横に並べて観ると繋がるストーリーにもなっている。単独で観るも良し、並べて観るも良しの2通りの楽しみかたができるので、ぜひ両パターンともにチェックしてほしい。

左から大森靖子、千葉雄大

大森は9月27日にニューアルバムをリリース予定。さらに、11月から全国ツアー『超歌手大森靖子 MUTEKI弾語りツアー』を開催する。精力的な活躍をみせる彼女に今後も注目したいっ!

『大森靖子「draw (A) drow」(Music Video / 千葉雄大Ver.)』

[耳マン編集部]