レアルの選手たちと談笑するダビド・デ・ヘア

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するGKダビド・デ・ヘアが、レアル・マドリーの選手たちに囲まれ、まるで“白い巨人”の一員だと話題になっている。英『デイリー・スター』が報じている。

 ユナイテッド23日、インターナショナルチャレンジ杯でレアルと対戦。MFジェシー・リンガードの先制点も、後半23分にMFカゼミーロに同点となるPKを決められ、1-1のままPK戦に突入した。そして、デ・ヘアが5本中2本をセーブしてユナイテッドを勝利に導いた。

 ユナイテッドの守護神は、ここ数シーズンの移籍市場でレアル行きが噂されている。過去に必要な書類が移籍期限終了までに届かず、あと一歩のところで破談となったこともある。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督は、「デ・ヘアの移籍はない。ユナイテッドで今後もプレーすると保証するよ。新シーズンに向けてデ・ヘアは集中してトレーニングしている」と断言している。

 それでも、“赤い悪魔”のファンは心配でならない。試合後、デ・ヘアがレアルの選手たちに囲まれ、冗談を言って笑っている姿を目の当たりにしたからだ。まるでチームメイトと引き上げていくその光景にチャンピオンズリーグ王者へと鞍替えするのではないかと心配している。


●プレミアリーグ2017-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集