ひげ剃りは“人工知能テクノロジー”搭載のシェーバーにおまかせ!

写真拡大

AI(人工知能)により、将来は人間の仕事がなくなるだとか、自己増殖するロボット生物が生まれるだとか…。どこもかしこもAIの話題がいっぱいな昨今。いや、まず人工知能を我々の生活に役立つような素晴らしい使い方はないんですか!? とツッコミたくなっているアナタ。もちろんありますよ!

▲「ブラウン シリーズ5」5197cc

ブラウンは、新たなシェーバー「ブラウン シリーズ5」を販売しました。ブラウンシリーズの主力ラインアップである<ブラウン シリーズ9>と<ブラウン シリーズ7>に次ぐ高価格帯のエントリーモデルに位置づけ、デザインと機能を刷新。

▲「ブラウン シリーズ5」5197cc

その特徴は、これまで高価格帯製品、シリーズ9とシリーズ7にのみ搭載されていた<人工知能テクノロジー>を採用していること。自動でヒゲの濃さを読み込み、シェーバー自身がそれを理解そして、出力パワーを自動で調節してくれます。

つまり、髭の濃いところ薄いところで適切なパワーを考えて調整してくれるのです。これにより、肌にやさしい深剃りをより高いレベルで達成してくれます。

▲「ブラウン シリーズ5」 5147s

より少ないストロークを可能にする<4カッティングシステム>もポイント。ブラウンの高い技術は、刃のテクノロジーに反映されており、さまざまななヒゲを捕えるよう“異なる種類の刃が融合”することで、より少ないストローク数で剃れます。

また、シェービングにおけるニーズのひとつである “お風呂剃り”にも全型番が対応しています。防水機能もバッチリ。前モデル搭載機能の<密着3Dヘッド>はそのまま引き継がれていますので、肌にピッタリな密着感も快感です。

>> P&G「ブラウン Series5」

 

(文/&GP編集部)