「X-ファイル」ウォルター・スキナー役のミッチ・ピレッジ
 - FOX via Getty Images

写真拡大

 4月に新シーズンの製作が発表された日本でも人気の米テレビドラマ「X-ファイル」で、スキナーFBI副長官役のミッチ・ピレッジが出演する契約を結んだとDeadlineなどが報じた。

 10エピソードから成る新シーズンには、フォックス・モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーとダナ・スカリー役のジリアン・アンダーソンが出演することは決まっているが、その他のオリジナルキャストで出演が確定したと報じられたのはミッチが初。

 製作総指揮はこれまで通りクリス・カーターが務め、脚本はベテラン勢のグレン・モーガン、ダリン・モーガン、ジェームズ・ウォンらが執筆するという。米放送は今年から2018年のシーズン中に始まる予定だ。(澤田理沙)