68歳以上限定婚活パーティーに潜入

写真拡大

「出会いパーティー」「婚活パーティー」といえば、アラサー・アラフォーの男女のためのもの―という認識は間違いだ。近年、高齢者に「出会いの場」を提供する業者が急増している。本誌記者が潜入したのは“業界最高齢”となる68歳以上限定のイベント。そこで繰り広げられた男女のやりとりは、実に切実で、人間臭かった。

 真夏日を記録した7月のある平日の昼下がり。うだるような蒸し暑さの中、大阪・梅田のオフィスビルの一室に白髪交じりの男女19人が集まっていた。

「カミさんに6年前に先立たれてから、何をするにも寂しくてね。とにかく話し相手がほしいんです……」

「この歳だと食事に付き合ってくれる男性もなかなかいない。気の合う方を見つけるのは難しい……」

 男女がペアになり、真剣に身の上を語り合っている。これは「68歳以上の男性」が参加資格の出会いパーティーの一幕である(女性は年齢制限なし)。

 主催するのは、50歳以上の独身者を対象とした会員制クラブ『森羅倶楽部』だ。このクラブは様々な出会いの場をシニアに提供しており、その中でもこの日開かれた『もっと大人の出会いパーティー』は、最も高齢層の男性を対象にした企画である。

 近年、50代以上対象のお見合いパーティーは急増しているが、「68歳以上限定」は前例がなく、“業界最高齢”だという。パーティーの開始直前、『森羅倶楽部』代表の阪本英嗣氏はこう説明した。

「4月に初めて68歳以上限定のパーティーを初開催したところ、男女合わせて26人の参加がありました。各年代のイベントで男女各10人程度を定員としていますが、すぐに埋まってしまう。参加者の9割に婚姻歴があり、内訳は離婚が7割、死別が3割です。独身の方々に人生の終幕を幸せに過ごしていただくことがコンセプトです」

 参加者は3万円からの入会費を払った会員が中心だが、参加料3500円を払えば非会員も参加できる。この婚活パーティーには高齢者向けイベントならではの様々な配慮がある。

「パーティーは68歳以上限定と謳っていますが、あえてプロフィールに年齢を書かないようお願いしています。年齢が書かれていると、年齢だけを見てしまう。まずは先入観なく人柄を見ていただき、マッチングした後にスタッフが年齢をお伝えすることにしています」(同前)

 女性たちが会場を出る際、みな男性陣ににこやかに手を振っていた。しかし、その胸中には様々な思いがあったはずだ。パーティーを終えた73歳の男性が語った。

「この会に参加することで、ファッションを気にするようになった。現役時代は日経新聞しか読まなかったが、会話のネタ探しにワイドショーも見るようになりました。気に入った相手が好印象を持ってくれると嬉しいし、夢を見させてもらっている気持ちです」

 パーティーへの参加そのものが生きる活力となっているという感想だ。

「今回も80歳の男性参加者がおられたように、お見合いパーティーの需要はより高齢化しています。特に、結婚にこだわらず『価値観の合うパートナー』を探したいと参加される方が多い。前回は参加者の約半数となる6組のカップルが成立し、現在も交際を続けていらっしゃいます」(阪本氏)

 今回も5組の男女がマッチングに成功し、会う日程を調整中だという。参加者のいきいきとした表情からは「老後への悲壮感」より「新しい出会いのチャンス」を楽しんでいる様子がうかがえた。

※週刊ポスト2017年8月4日号