チェルシー、ファン・ダイク獲得を諦めず!! 今夏の予算を上回るもオファー準備へ

写真拡大

▽チェルシーがサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)の獲得に向けたオファーを準備しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽ファン・ダイクは今夏の移籍市場でリバプール加入に迫っていると言われた。しかしリバプールが、クラブとの交渉を行う以前にファン・ダイクに接触したことを受けてサウサンプトン側が激怒。リバプール側は事態の鎮静化を図るべく、公式声明でファン・ダイクへのアプローチを行わないことを発表した。

▽ファン・ダイクの去就は落ち着きを見せたかに思われたが、マウリシオ・ペジェグリーノ監督は同選手が移籍を志願していることを公表。現在、サウサンプトンはプレシーズンツアーを行っているが、ファン・ダイクはチームから外れて調整を行っている。

▽『ミラー』によると、そこに目を受けたチェルシーがファン・ダイク獲得に向けてアプローチを行う準備を進めているという。

▽チェルシーは今夏の移籍市場で1億5000万ポンド(217億7300万円)と言われている莫大な予算を準備していた。すでにスペイン代表FWアルバロ・モラタ、フランス代表MFティエムエ・バカヨコ、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーを獲得しており、1億2900万ポンド(約186億8600万円)を費やしている。

▽これまでの報道では、チェルシーは残りの資金でユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ、インテルのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバのどちらかを獲得したいと考えていたようだ。

▽しかしファン・ダイクが市場に出ていることを察知したチェルシーは、アレックス・サンドロとカンドレーバの調査を続けながらもファン・ダイク獲得に向けた資金調達を行っているようだ。

▽なお、ファン・ダイクに対してリバプールは6000万ポンド(約86億9100万円)のオファーを提示したと言われているが、サウサンプトン側はこれを拒否している。そのためチェルシーはそれ以上のオファーが必要となるだろうと言われている。また、ファン・ダイクに関しては以前からマンチェスター・シティも獲得に興味を示しており、今後は争奪戦となる可能性が高い。