スイス北部シャフハウゼンで、チェーンソーで保険会社の入った建物を襲撃したとされるフランツ・ウロウシス容疑者。シャフハウゼン警察提供(2017年7月24日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スイス北部シャフハウゼン(Schaffhausen)で24日、男がチェーンソーで保険会社の事務所を襲撃し、少なくとも5人を負傷させて逃走した。警察は男の行方を追っているが、「テロ」事件ではないとしている。

 警察は、男を前科がある住所不定のフランツ・ウロウシス(Franz Wrousis)容疑者(51)と特定。同容疑者は非常に長い間森の中で生活していたと伝えられている。

 現地警察の声明によれば、ウロウシス容疑者は24日午前10時30分(日本時間同日午後5時30分)ごろ、オフィスなどが入っている建物に押し入ってチェーンソーで襲撃した。シャフハウゼンの検察官は記者団に対し、襲撃は建物に入っている保険会社を狙ったものとみられ、ウロウシス容疑者はこの会社に何らかの恨みを持っていたようだと述べた。地元警察によれば、保険会社の従業員1人が重傷を負った。負傷者は全員、入院したという。

 事件を受け多数の警察官が現場周辺を封鎖し、近隣の企業で働く人々や通行人を避難させたが、その後、交通規制は解除された。

 地元の治安当局は記者団に対しウロウシス容疑者は「攻撃的で危険な男」だと説明。同容疑者は2014年と2016年に武器で人を襲ったとして有罪判決を受けている。スイスは、犯罪率は比較的低いものの銃器の所有率は世界で最も高い国の一つ。警察は同容疑者も武器を所持している恐れがあるとしている。

 警察によれば、シャフハウゼン当局の指示で現在100人前後の警察官が容疑者の行方を追っており、チューリヒ(Zurich)およびドイツの警察当局も捜索に加わっている。人口約3万6000人のシャフハウゼンはチューリヒのすぐ北に位置しドイツ国境にも近い。
【翻訳編集】AFPBB News