24日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、お笑いコンビ・TIMのレッド吉田が、大家族ならではの掟を明かした。

番組では、子宝に恵まれた男女8人が出演し、金銭事情の悩みなど、本音を明かした。その中で、5人の子どもがいる吉田は「子どもは悲しい鉄の掟」を語る。以前は、家族全員で新年のあいさつ回りを知人宅へするのが毎年恒例だったが、現在は中止しているという。

理由は、5人の子連れで向かうと、先方が払うお年玉が多額になり、恐縮してしまうからだというのだ。司会の明石家さんまは「子どもはかわいそうやな。ひとりでも多くお年玉欲しいもんな」と、レッドの子どもに同情した。

さんまが「お年玉、あんまりもらってないんだ? レッドのところは」と尋ねると、吉田は「もらってないです。基本的に僕がちょっとあげるくらい。後は、おじいちゃんおばあちゃん」と返答。スタジオではその他にも9人家族、11人家族の親からもお年玉を廃止したとの発言が飛び出していた。

【関連記事】
明石家さんまが自身の金銭事情を告白「銀行に行ったら50万円おろす」
明石家さんまが自身の若手時代を振り返る「やりたいことの半分削ってきた」
明石家さんま 結婚を意識した最後の女性との「本気の恋」を語る