野を駆け山を越え、敵を倒したり謎解きに挑戦したり料理したり空を飛んだりアイテムを探したりを自由に楽しむことができるゲームが「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。主人公のリンクを操作して広大なマップを探検するのはとてもワクワクすることなのですが、完全1人プレイ用のゲームなので「この興奮を誰かと分かち合いたい」だとか「友達と一緒に冒険できたら」と思った人も多いはず。そんな中、ファンが「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をマルチプレイ可能にするModを作成中とのことで、複数人でハイラルの大地を冒険する様子をちょっとだけ公開しています。

Zelda: Breath Of The Wild Fan-Made Multiplayer Mod Is In The Works - GameSpot

https://www.gamespot.com/articles/zelda-breath-of-the-wild-fan-made-multiplayer-mod-/1100-6451972/

「Fooni」と呼ばれるMod制作コミュニティが、Wii Uのエミュレーターである「Cemu Emulator」を使い、複数人での「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のプレイを可能にするModを制作しています。Modの制作はredditのCemu Emulatorコミュニティへの投稿から明らかになっており、開発中のスクリーンショットも公開されています。ただし、開発はまだ初期の段階にあり、実現まではまだ多くの課題が残っているそうです。

公開されたスクリーンショットの1枚がこれ。ゲームスタート地点である回生の祠っぽい場所にたたずむパンツ一丁のリンク×2。左側は左のリンク視点の画面で、右側は右のリンク視点の画面になっていることがわかります。



続いて忍びスーツを着たリンク×2。忍びスーツのカラーリングが変わっていますが、これはゲーム内で自分で染めたものなのか、マルチプレイ用にシステムでカラーリングを変更したものなのかは不明。また、画面上には「You cannot ride Player 1's horse…(プレイヤー1の馬には乗れません)」と表示されており、通常の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」では絶対に表示されないアナウンスが追加されていることがわかります。



記事作成時点ではマルチプレイModは単一のPC上でのみ動作可能となっているそうで、1度に2つのCemu Emulatorクライアントを開かなければマルチプレイできないそうです。制作者は所持品の管理や複数プレイヤーでの祠への挑戦など、多くのユーザーインターフェースやゲームプレイ部分に改良を加える必要があるとしています。

FooniはNPCをプレイアブルキャラクターに変更し、NPCのモデルをリンクに変更することで2人目、3人目のプレイヤーが操作するリンクを再現しているとのこと。なお、FooniによるとModの完成には数年を要するだろうとのこと。ただし、任天堂は過去にファンメイドのプロジェクトを停止したことがあるため、マルチプレイModが日の目を見る機会は少ないと言えそうです。