リバプールが狙う100億円MFケイタ、味方に危険タックル 練習中止の行為にドイツ内外で波紋

写真拡大

ライプツィヒのギニア代表MFケイタ、練習中にMFディンメにタックル

 リバプールが移籍金100億円で獲得を狙っていた男が、実戦形式の練習中にタックルを受けた味方のドイツ代表MFに報復行為のタックルで故障させる危険な行為に出て、練習中止となるアクシデントが起きた。

 チームメートにスパイクの裏を見せたのは、ドイツ1部RBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ。昨季ブンデスリーガで29試合12ゴールの活躍を見せ、リバプールのユルゲン・クロップ監督が高く評価。7000万ポンド(100億円)の移籍金でオファーを出したと報じられていた。

 実戦練習中に素早い動きでボールを奪ったが、この際にドイツ代表MFディエゴ・ディンメの鋭いタックルを受けて、ピッチに倒れ込んだ。立ち上がると、痛そうに足をさすったケイタは次のプレーで危険な行為に出た。

 ディンメに猛然と襲いかかると、スパイクの裏を見せた危険なタックルをお見舞い。ピッチ上にディンメが倒れ込み、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は練習を中止した。同僚はケイタの行為に激怒し、取り囲んだが、感情的になっていたケイタはディンメに歩み寄らず、その場で謝罪もしなかった。

監督が謝罪を命令、2人は和解

 ディンメは右膝を固定した状態でスタッフにピッチ外に担ぎ出された。この一連のショッキングな映像がドイツ地元テレビ「シュポルト1」で放送されるなど、100億円の値札が付いた男の蛮行はドイツ国内外に波紋を広げた。

 ドイツ紙「ビルト」によると、ハーゼンヒュットル監督はケイタにディンメへの謝罪を命令し、ケイタはこれを最終的に受け入れた。ディンメは幸いなことに靭帯に損傷はなく、打撲のみだったという。ライプツィヒは公式ツイッターで2人が和解する動画を公表し、雪解けムードを演出していたが、味方に対する危険なタックルは物議を醸している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Empire of the Kopとライプツィヒ公式ツイッターが投稿したタックルの瞬間と和解の様子

https://twitter.com/empireofthekop/status/889482735491973120

Empire of the Kop公式ツイッターが投稿したタックルの瞬間

https://twitter.com/DieRotenBullen/status/889502502382710784

ライプツィヒ公式ツイッターが投稿した和解の様子