記事画像

写真拡大

お台場にある日本科学未来館の企画展示ゾーンでは2017年4月8日から9月24日まで、ディズニーのオリジナル原画が見られる展示「ディズニー・アート展 いのちを吹き込み魔法」が開催されています。

8月1日から9月24日までは「『ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス』 powered by teamLab」として、チームラボによる特別展示が行われます。

約90年分の原画が一挙公開

日本におけるディズニー作品の展覧会は過去2回開催されましたが、本展はミッキーのデビュー作「蒸気船ウィリー」から最新作「モアナと伝説の海」まで約90年分の原画などを一挙に公開する日本初の試み。

そんな展覧会に8月1日から登場するのが「塔の上のラプンツェル」の印象的なシーンを表現したインスタレーション作品「『ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス』 powered by teamLab」です。たくさんのランタンで埋め尽くされた空間で来場者が立ち止まると、ランタンが強く輝き、周囲のランタンに伝播していくという仕掛けになっています。

チームラボが得意とするインタラクティブな作品とディズニーがコラボした、貴重な展示、お見逃しなく。当日券は1800円(大人)。

詳細は公式サイトへ。