モラタ、チェルシーの“新9番”に決定…カバジェロは「1」を着用

写真拡大

 チェルシーは24日、新加入選手の背番号が決定したと発表した。

 レアル・マドリードから加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタは「9」を背負うことが決まった。スペイン人選手史上最高額の移籍金8000万ユーロ(約103億1000万円)とも報じられているストライカーが、期待を背負ってエースナンバーを着用する。

https://twitter.com/ChelseaFC/status/889480559298199552

 また、マンチェスター・Cを退団してフリートランスファーで加入したアルゼンチン人GKウィリー・カバジェロは「1」を着用することが決まった。

 また、ローマから加入したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは「2」、モナコから加入のフランス代表MFティエムエ・バカヨコは「14」と、移籍発表時に決定している。

 チェルシーは25日、インターナショナル・チャンピオンズカップのシンガポールラウンドでバイエルンと対戦する。