「Coup d'Etat」
(C)Peanuts.WorldWide,LLC
2017年7月27日(木)から4日間にわたり、大丸藤井セントラル 7F スカイホール トップライトギャラリーにて「北海道 夏のトム・エバハート展 〜 Present with Tahiti and“Raw” 〜」が開催される。トム・エバハート氏は、「PEANUTS」のキャラクターをアート作品として自由に表現することを許された唯一の人物。今回の展示会では、日本初公開の新作版画「Coup d'Etat」が発表されるほか、約30点の作品が展示販売される。
トム・エバハート氏は、アメリカのエール大学で絵画を学び、1970年代から1980年代にかけて風景画家として活躍。アンディ・ウォーホル(1928〜1987年)やジャン=ミッシェル・バスキア(1960〜1988年)など、現代美術における代表的なアーティストとも交流があった。広告代理店の企画をきっかけに「ピーナッツ」の作者であるチャールズ・モンロー・シュルツ(1922〜2000年)と出会い、8年間にわたって約500ものプロジェクトを担当。後に「ピーナッツ」のキャラクターをアートとして自由に表現することの提案を受け、今後の創作活動を保証する正式な契約書を受け取っている。
本展では、新作版画「Coup d'Etat」のほか、「ピーナッツアート」の原点であるモノトーン作品や、現在創作活動を行っているタヒチの影響を受けたカラフルな作品なども展示予定。刻々と変化するエバハート氏の表現方法の中で、今では描くことのないタッチで仕上げられた作品も版画としてリリースされており、作品の変遷を楽しむこともできる。入場無料で、時間は10:00〜18:30(初日は14:00閉場 / 最終日は17:00閉場)。
■期間:
2017年7月27日(木)〜7月30日(日)

■開催場所:
大丸藤井セントラル 7F スカイホール トップライトギャラリー
北海道札幌市中央区南1条西3-2

■問い合わせ先:
アートコレクションハウス株式会社
url. http://www.everhartclub.jp/2017