<センチメンタルな旅> 1971年 東京都写真美術館蔵
2017年7月25日(火)から9月24日(日)まで、東京都写真美術館にて「荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017-」展が開催される。荒木経惟氏の作品を紹介する写真展で、東京都写真美術館の総合開館20周年を記念して開催。荒木氏の写真家としての原点である妻「陽子」というテーマに焦点を当てている。
本展では、荒木氏の膨大な作品群から「陽子」を被写体とする写真や、その存在を色濃く感じさせる約1000点を展示。同氏が重要視している被写体との関係性を探り、その写真の神髄である「私写真」について考察していく。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅1971-2017-」は、1971年に出版された私家版の写真集から現在へと続いている荒木氏の私写真、さらには写真人生そのものを表したもの。今なお創作意欲が衰えることのない“アラーキー”の過去と現在を目撃できる。
休館日は毎週月曜(9月18日は開館で翌19日が振替休館)で、時間は10:00〜18:00(木曜と金曜は20:00まで / 7月20日〜8月25日の木曜と金曜は21:00まで / 入館は閉館30分前まで)。料金は一般900円 / 学生800円 / 中高生・65歳以上700円(第3水曜は65歳以上は無料)で、小学生以下や都内在住 / 在学の中学生、障害者とその介護者は無料で入館できる。また、7月28日(金)〜8月25日(金)の毎週金曜の18:00〜21:00はサマーナイトミュージアム割引を実施(一般720円 / 学生・中高生無料 / 65歳以上560円 ※各種割引の併用は不可)。
■期間:
2017年7月25日(火)〜9月24日(日)

■開催場所:
東京都写真美術館
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

■問い合わせ先:
東京都写真美術館 / 株式会社産経新聞社
url. https://topmuseum.jp/