マルアン・フェライニがエリック・バイリーと相手の間に割って入ったが…

写真拡大

 欧州サッカー連盟は24日、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに対し、追加で2試合の出場停止処分を科すと発表した。

 バイリーは、5月11日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2戦・セルタ戦(1-1)で小競り合いから相手を殴ったとして一発退場となっていた。その結果、決勝のアヤックス戦を欠場したが、新たに2試合の出場停止処分が追加されることとなった。

 これにより、8月8日に昨季のチャンピオンズリーグ王者とヨーロッパリーグ王者が対戦するUEFAスーパー杯と、チャンピオンズリーグのグループリーグ初戦を欠場する。


●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州CL17-18特集