田原総一朗×ウォンテッドリー CEO 仲暁子

写真拡大

仕事は条件ではなくやりがいで決める――。そんなミレニアル世代を中心に人気を集める求人SNS「ウォンテッドリー」。現在2万3000社が登録し、月間150万人が訪れる。経営者はフェイスブック日本法人の立ち上げメンバーで、実名投稿に魅せられたという。

■GSを辞めて漫画家を目指す

【田原】仲さんはスティーブ・ジョブズの言葉に影響を受けたそうですね。

【仲】ジョブズはあるインタビューで、こんなことを言っていたんです。「世の中には、あの大学はすごいとか、あの職業は偉いというようなラベリングがいろいろあるが、それらは先人がつくった人工物にすぎず、従う必要はない。大人になるとお金を貯めて家を買い、家族と過ごすことが幸せだといわれているが、それは限定された生活だ」と。ジョブズはいろんな言葉を残していますが、これが特に好きです。

【田原】仲さんは大学生のころから起業をしていたそうですが、それも影響あるのかな。

【仲】ゼロからイチをつくるのは昔から好きです。大学でもミスコンを企画したり、フリーペーパーをつくったりしていました。

【田原】仲さんは京都大学ですね。京大にミスコンはなかったんですか?

【仲】はい。学園祭といえばミスコンが目玉の一つですが、いざ入学すると京大にはなかったので、1年生のときに自分で企画しました。結果的には開けなかったんですけど……。

【田原】どうして?

【仲】企業をいろいろ回って、化粧品会社やウエディングドレスの会社から協賛をとりつけました。そうしたら、学園祭を取り仕切っている全学連から「資本主義の介入だ」と反対されまして。さらにフェミニストの団体からも「コンテストは性の序列化だ」「性の商品化は許さない」と抗議が。話し合いをしたのですが、断念せざるをえなくなりました。

【田原】つまらないことを言うね。

【仲】多様性ですね。世の中いろんな視点があるんだなと勉強になりました。

【田原】もう一つ、フリーペーパーというのは?

【仲】慶應義塾大学の友達から、「うちの大学では、楽勝科目の履修情報をまとめた『リシュルート』という雑誌が500円で売られている」という話を聞きました。それはおもしろいと思って京大版をつくりました。ただ、京大は慶應と比べて学生数が少ないので、販売しても元は取れない。だから地域の居酒屋などにスポンサーになってもらって、クーポンをつけて配りました。リクルートの「Hot Pepper」と同じビジネスモデルなので、名前はそれをもじって「Chot Better」。ありがたいことに、いまでも続いています。

【田原】学生時代には自分で企画して動いていたのに、卒業後は起業せずゴールドマン・サックスへ。なぜですか。

【仲】昨今の就活は、入るのが難しい会社に行くのが勝ちという風潮があるじゃないですか。とにかく偏差値の高い大学を目指す受験戦争に近い。私も当時はその風潮に流されていました。あとは一流の人たちの働き方を見てみたいなと。

【田原】入社後はどんなお仕事を?

【仲】日本株の海外機関投資家向けの営業です。外国のファンドマネジャーに、日本の株を買ってください、売ってくださいというお仕事でした。

【田原】その仕事、おもしろかった?

【仲】優秀な方がまわりにたくさんいて、とても刺激になりました。ただ、仕事をゼロイチとイチジュウに切り分けるとすると、私はゼロイチのほうが性に合っていたので、すでにある仕組みを回すことが中心の仕事に物足りなさはありました。

【田原】それで約2年でお辞めになった。お母さんが背中を押してくれたそうですが、どういうことですか。

【仲】母は心理学者です。学者は基本的に儲かりませんが、母は好きな研究をずっとやり続けて、40代以降になってようやく社会的地位や経済力がついてきた。そういう姿を見てきたので、私も好きなことをやり続けていたら、たとえいまお金にならなくても、いつか報われるんじゃないかと。母というモデルケースがあったおかげで一歩踏み出せました。

【田原】会社を辞めてからは何を?

【仲】本気で漫画家になろうと思って、当時母が働いていた北海道にこもって漫画を描きまくりました。

【田原】漫画がお好きだったの?

【仲】絵を描くのが好きなんです。イラストレーターを目指すのでもいいのですが、ちゃんと食べていこうと思ったら漫画家かなと。漫画は小学生のころから描いていました。

【田原】漫画家って、どうすればなれるんですか。

【仲】投稿ですね。出版社に漫画の賞があるので、そこで目に留まればデビューできます。ただ、私は30作品以上描いたけどダメでした。いいところまで残ったこともありましたが、描けば描くほど迷走して、最後は箸にも棒にもかからなくなって……。

【田原】デビューできる漫画家とできない漫画家は、どう違うんですか。

【仲】いいんですか、こんな話して(笑)。私が思うに、漫画の重要な要素は3つ。1つ目はストーリーで、2つ目はコマ割りなどの演出。そして3つ目がキャラクターです。私はキャラクターをつくる力に欠けていました。人生経験が豊富だったり、いい漫画をたくさん読んでいると強いキャラクターをつくれるのかもしれないけど、そこが弱かったですね。

【田原】それで、漫画家は諦めた。それからどうしましたか。

【仲】賞に落選し続けるなかで、世の中には大量のボツ原稿があることに気づきました。日本の漫画家志望者はレベルが高いから、ボツ原稿だって十分にクオリティが高い。それらをまとめて翻訳して海外に見せたらおもしろいかなと思って、漫画投稿サイト「Magajin」をつくりました。結局、着想とは少しずれてイラストを投稿するサイトになりましたが。

【田原】投稿してもらって、見るのにお金がかかる?

【仲】いえ、そのサイトは広告モデルで稼いでいました。正直、ショボかったけど、1年くらい続けましたね。

【田原】その後、フェイスブックジャパンの初期メンバーになったそうですね。経緯を教えてください。

【仲】「Magajin」を知ってもらおうと、あるIT系のカンファレンスに参加しました。そこに偶然いたのが、フェイスブックの人。「Magajin」はフェイスブックに広告を出してユーザーを集めていたので、クーポンでももらえないかと話しかけたら仲良くなって、うちで働かないかと。

【田原】当時、日本法人には何人いたんですか。

【仲】日本人はヤフージャパンから来た方が2人、シリコンバレーから20代のエンジニアが3人、そこに私が雑用係として加わって、計6人です。

【田原】雑用係?

【仲】何でもやりました。ガラケーのサイトのディレクションのような仕事から、お客さんへのお茶出し、ゴミ出しのシールを買いにいくとか、とにかく何でもやっていました。

【田原】フェイスブックってどうしてあんなに成功したんだろう?

【仲】理由はいろいろありますが、もっとも大きいのは、ユーザーのことを考えていたからじゃないでしょうか。ユーザーの体験を損なわないように、広告を出すことをギリギリまで遅らせた。ユーザーに嫌な思いをさせたくないという信念が、支持につながったと思います。

■給料ファーストではない会社探し

【田原】さて、いよいよ独立して2012年、「ウォンテッドリー」というサービスをはじめる。これは求人サイトだそうですね。

【仲】着想はフェイスブックでした。フェイスブックが革新的だったのは、いままで匿名が中心だったインターネットの世界に、実名制を持ち込んだこと。その結果、経済的にも政治的にも個人が強くなった。自分も実名制のサービスをやろうと。

【田原】実名で個人が強くなるって、どういうことですか?

【仲】匿名の時代は、たとえば新商品のドリンクを飲んでまずいと思ってネット上で発信しても、あまり信頼されなかったですよね。でも、実名で発信すれば、匿名より信頼性が高い。そうやって一人ひとりが実名で発信していくと、ウン億円使ってテレビCMを打っても消費者をコントロールできなくなる。政治だってそうです。アラブの春も、チュニジアで起きたことが実名制のパワーでアラブ諸国に広がりました。これはすごいなと。

【田原】なるほど。

【仲】最初は実名制で質問ができるサイトをつくろうと考えました。たとえば「おすすめのレストランはどこですか」とか、「おもしろい本を教えてください」とか。それがちょっとずつ進化して、最終的に「誰かいい人いませんか」と実名のつながりで人を探す「ウォンテッドリー」になりました。

【田原】このサービスはほかの求人サイトと何が違うのですか。

【仲】2点あります。1点目は、給料や福利厚生が書いてないこと。2点目は、いきなり履歴書を出して面接ではなく、まず会社に遊びにいって、コーヒーとかランチしながらお互いのことを話してもらいます。恋愛にたとえるなら、いきなり結婚するのではなくて、まずデートから入りましょうと。

【田原】まず気軽に会うのはいいけど、給料や福利厚生はわからなくていいのかな。お金は大事じゃない?

【仲】大事です。でも、給料を入り口にするのではなく、デートして気に入ったら話し合ってもらえばいいかなと。結婚でもお金は重要ですが、最初に年収から入るとやっぱり失敗しやすいですよね。まず相手を好きかどうかで選んで、それから条件のすり合わせをしたほうがいい。

【田原】そうですか。給料は大事だけど、後でその話をするわけね。

【仲】インターネット上の情報の流れは、過去3回変わってきました。無法地帯だったところに、まずヤフーがディレクトリ型で整理した。これは人力です。そして次にグーグルが出てきて、人力でやっていたものをロボットでやるようになった。そしてさらにいまソーシャルにシフトしています。たとえば信頼できる人のフェイスブックやインスタグラムから流れてきた情報を見て、共感したら「いいね!」を押してシェアをする。共感が情報を統制する時代です。ウォンテッドリーが最初に給料を書かないのも、共感の時代だから。最初にお金の話が出ている情報より、「こういうことを実現したい。だからこういう人を探している」といった情報のほうが共感を得やすいです。

■多くの人にとって仕事は“我慢”ですよね?

【田原】仲さんは、“ココロオドル仕事”を見つけられるようにしたいと言っています。どういうことですか。

【仲】みんながお金を稼ぐ手段じゃなくて、仕事自体を目的として、お金をもらわなくてもやってもいいというくらいに没頭できる仕事に出合えればいいなという意味です。

【田原】でも、ほとんどのビジネスパーソンにとって仕事は“我慢”だ。

【仲】そういう時代は終わるんじゃないですか。我慢を強いられる単純労働の多くは、20年以内にロボットやAIに置き換わっていきます。将来はロボットやAIのコストが下がって最終提供価格も下がる。無理に労働しなくていい時代になると、働くこと自体が趣味というか、ラグジュアリーなことになる。我慢して働くのは、そろそろ時代錯誤かなと。

【田原】15年にオックスフォード大学と野村総研が共同研究して、将来、日本人の仕事の49%がなくなると発表しました。でも、単純作業ではなく、創意工夫が必要なおもしろい仕事は残る。ウォンテッドリーでそういう仕事との出合いを応援するわけですね。

【仲】そうです。もう一つ付け加えると、最近、人生100年時代と言われるようになりました。そうなると企業の寿命より人間の寿命のほうが長くなって、終身雇用ではなくなっていく。一社で人生が終わらないなら、社内外でつながりを育てて持ち歩いていくことが求められます。ウォンテッドリーでそれを担保できればいいなと考えています。

■ミレニアル世代の仕事のインフラに

【田原】スタートしてどのぐらいでうまくいくとお思いになりました?

【仲】12年に公式ローンチして、1年ほどで売り上げが立ちました。お金を払ってくださる方がいるということは、価値があるということなので。

【田原】売り上げはどこから挙げているのですか。転職の成功報酬?

【仲】いえ、月額の利用料です。いま約2万3000社が登録していて、そのうち一定の割合で月最低3万円からの料金をお支払いいただいています。求人側からもらうのはそれだけ。求職者側からは当然何ももらいません。

【田原】求職者は何人くらいですか?

【仲】サイト全体のユーザー数が、だいたい月間150万人です。

【田原】ウォンテッドリーは海外に行きますか。

【仲】じつは、もうはじめています。シンガポールに子会社があり、次は香港で立ち上げようと動いています。

【田原】ビジネスSNSでは米国のLinkedInが有名です。シンガポールや香港だとバッティングしないのですか。

【仲】LinkedInはミレニアル世代より少し上のホワイトエグゼクティブ層が使っています。逆にウォンテッドリーはミレニアル世代が中心で、プログラマーやデザイナーといった職種の人が多い。ミレニアル世代はお金よりやりがいを求めるので、すぐ辞めてしまう傾向があり、どこの国でも扱いに困っていると聞きます。私たちのターゲットは、まさにそういう人たち。世界中にミレニアル世代がいるので、ゆくゆくは東南アジアだけでなく欧米にも提供していきたいです。

【田原】頑張ってください。

■仲さんから田原さんへの質問

Q.ネット時代のジャーナリズムはどうなりますか?

ネット時代になって、新聞やテレビなど既存のマスコミが叩かれるようになりました。僕は叩かれても仕方がない面があると思う。最近のマスコミはタブーが多すぎます。たとえば皇室典範改正は大問題。毎日新聞が「陛下 政府に不満」とすっぱ抜いたが、ほかはどこも追いませんでした。これでは読者や視聴者から信頼されなくなるのも当然です。

自粛の理由は、記者がサラリーマン化しているから。アメリカの新聞も記者はサラリーマンですが、雇用に流動性があるので、クビになってもかまわないという気持ちで記事が書けます。雇用が流動化すれば、日本の記者も気概を見せてくれるようになるかもしれませんね。

田原総一朗の遺言:もっと雇用を流動化させろ!

(ジャーナリスト 田原 総一朗、ウォンテッドリー CEO 仲 暁子 構成=村上 敬 撮影=枦木 功)