(c)河原和音/集英社 (c)2017 映画「先生!」製作委員会

写真拡大 (全2枚)

 10月28日公開の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。主演・生田斗真×ヒロイン・広瀬すずでも話題の同作だが、このほど予告編と新ビジュアルが公開された。

 純愛名作コミックとして広く親しまれ、7年間に渡って別冊マーガレット(集英社)で長期連載された、累計発行部数570万部突破の大ヒットコミック「先生!」が実写映画化された同作。『僕等がいた』以来5年ぶりとなる"恋愛映画"への出演を果たす生田斗真と、映画界にひっぱりだこの女優、広瀬すずが初共演を果たした同作だが、このほど副題を加えたタイトルを『先生! 、、、好きになってもいいですか?』として本予告編映像が初公開されている。

 ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤(生田斗真)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をする純粋でまっすぐな高校生・響(広瀬すず)のラブストーリー。公開された予告編では、スピッツが描き下ろした主題歌「歌ウサギ」の優しい旋律も印象的。「私はまだ知らなかった。恋がどんなものなのか。」というモノローグの通り、生まれて初めての恋に葛藤しながらも自分の想いに真っ直ぐ向き合おうとする響。教師と生徒の立場から響の想いを頑なに拒んでいた伊藤だが、まっすぐに想いをぶつけてくる彼女の姿に次第に心が揺れ動いていく。2人の想いが交錯する中、ある出来事がきっかけで、伊藤が教師を続けられなくなるかもしれない事態になってしまい・・・。

 解禁された予告では「振り向いてもらえなくても、今は一番好きな人を好きでいたい」と響が涙を流しながら吐露する胸が締め付けられるようなシーンや、伊藤が手作りウェディングドレスを着た響に思わずキスしてしまう胸キュンシーン等、初恋のときめきや切なさがいっぱいに詰まっている。さらに、切なくも加速する二人の恋を中心に、響の恋を応援する親友・浩介(竜星涼)と千草(森川葵)、響に密かに恋心を抱く藤岡(健太郎)ら様々な想いが交錯していく。

 あわせてヒロイン・響役を務める広瀬すずのウェディングドレス姿も初公開。予告映像にも登場するヒロイン・響の可愛すぎる手作りウェディングドレス姿は必見だ。

 映画の公式サイト(sensei-movie.jp)では、そんな大人と子供のあいだで揺れ動く響と、教師と生徒の間で揺れ動く伊藤の二人の想いが交差する中、伊藤が優しく響に唇を近づける本ポスタービジュアルもされているので、そちらも注目したい。映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は10月28日全国公開。