マツコ・デラックス

写真拡大

24日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが、次期オリンピックで変更される種目名に苦言を呈した。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「『シンクロ』『アーティスティックスイミング』に変更」と題したスポーツ報知の記事を取り上げた。記事では、国際水泳連盟が、シンクロナイズドスイミングの種目名を「アーティスティック(芸術的な)スイミング」に変更すると決定したことを報じた。

2020年の東京オリンピックでは、新たな種目名で実施される見通し。ソロや混合種目では「シンクロナイズド(同調)」の表現がそぐわないとの指摘を、国際オリンピック連盟から受けていたとのことだ。

コメンテーターのマツコは、しばし沈黙したあと「今更ねえ…」と漏らす。マツコは、ソロで「シンクロ」という名称が使用されていたことに「8割型の方、ツッコんだご記憶あると思うんですけど」と指摘。「今更、そこ(競技名)を訂正って言われても」と異論を唱える。連盟による名称変更が遅すぎるとして「困ります。困りますよもう、やめてください!」と反対していた。

【関連記事】
マツコ・デラックスが番組批判に伴う規制について持論「テレビはもう弱者」
マツコ・デラックス 電話を避ける人々の言い分に異論「電話って急にかかってくるもんでしょ?」
マツコ・デラックスがオイル万華鏡に大興奮「たまにとんでもない形になる」