欅坂46の初アルバム、25万枚超え首位発進

写真拡大

人気アイドルグループ・欅坂46の初アルバム「真っ白なものは汚したくなる」(ソニー・ミュージックレコーズ/7月19日発売)が、発売初週に27.9万枚を売り上げ、今週発表の最新7月31日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:7月17日〜
23日)で初登場1位を獲得した。

全アーティストを通じて初アルバムでの初週売上25万枚突破は、2013年3月11日付けにおいてNMB48が「てっぺんとったんで!」(2013年2月発売:初週売上32.8万枚、最高1位)で達成したのに続いて、およそ4年半(4年5か月)ぶりの快挙となり、昨年の鮮烈なデビューから右肩上がりの注目度の高さをうかがわせた。

今作は初回仕様限定盤TYPE-A・Bと通常盤の3形態からなり、女性アーティストの1stシングルで歴代最高の初週売上(26.2万枚)を記録した「サイレントマジョリティー」からの全シングル4作を全形態に収録。また新曲は、リード曲「月曜日の朝、スカートを切られた」やデビュー以来不動のセンターを務める平手友梨奈のソロ曲「自分の棺」など全形態あわせて16曲におよび、圧巻の内容となった。